朝目覚めたら、バラの香りの線香を焚く。日本のお香と、フランスのフレグランスの素敵な融合

公開: 更新:2016/08/30

お香 線香

写真に写っているのは、今、わが家で使っているお香です。
上品なバラの香り。
バラというと、つい甘ったるい匂いを連想してしまいますが、このお線香は強すぎず、なかなか良いのです。

スポンサーリンク

モーニングローズは、その名の通り、朝焚くのがオススメ

モーニングローズ。このお線香の香りには、ウチのお香にぴったりの、そんな名前がついています。

わが家では、早朝にお香を焚く習慣があるんです。
朝には、目の覚めるような爽快な芳香もいいですけど、柔らかいバラの香りでゆったりと一日を始めるのも良いものです。

私は、毎朝夫が起きる前に、リビングと玄関でこのお香を焚きます。甘いバラの香りに包まれて眠りから覚める夫は、さぞかし気分が良いことでしょう。お香を焚く私の方も、心が休まる思いがします。
朝起きたらお香を焚くというのは、オススメです。

お香 線香
箱の中には、鮮やかなピンクのお線香が。長めですから、ゆっくりと楽しめます。

フランスの香りと、日本の線香の融合

さて、この「モーニングローズ」、もともとは、フランスのフレグランスブランドであるエステバン(ESTEBAN)社が開発した香りなんです。
その南フランス製の香りを、エステバンと業務提携をしている日本香堂がお線香にした。それが、このピンクのお線香です。
フランス製のフレグランスと日本製のお線香が融合した、珍しい一品です。

エステバン社の「モーニングローズ」の香りは、様々なルームフレグランスとして製品化されています。左から、スプレータイプ、スティックタイプ、キャンドルタイプ。

レ セゾン キャンドル モーニングローズ

フランスで生まれた「モーニングローズ」。同じバラでも、日本製のお線香にはない香りですね。
ゆったりとした一日の始まりに、このバラの香りはオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
近藤麻理恵さんのときめく片づけ。「マイ神棚」のある生活を始めました。

上の写真をご覧ください。これは何だと思いますか?実は、これ、わが家の神棚なんです(笑)。本棚の上段につくった神棚です。この神棚をつくるきっか...

ジャスミンのお線香。ヒンドゥー教寺院に咲くジャスミン。その香りの意外な効能

わが家では、毎朝、お香を焚く習慣があります。先日は、バラの香りのお線香をご紹介しましたが、今回はジャスミン。爽やかで清々しいジャスミンの香り...

アンナトゥモールの化粧水、「ナチュラルローションしっとり」を使ってみました。

アンナトゥモールの「ナチュラルローション しっとり」を使ってみました。私がこの化粧水を購入したきっかけは、「真実のナチュラルコスメ読本」」と...

大人のきのこの山の意外な食べ方。人気パティシエのおすすめ。

東京・高円寺にある人気洋菓子店「パティスリー・ラブリコチエ」のオーナーシェフ・佐藤正人さんがすすめる、「大人のきのこの山」の意外な食べ方をご...

ガンボ&オイスターバー。そごう横浜のおすすめレストラン 

昨日は、そごう横浜の10階にある「ガンボ&オイスターバー」で食事をしました。カキ料理の専門店です。そごう横浜には良く行くんですが、このお店を...