いわしの手開きの方法。簡単なさばき方。

公開:

いわし 手開き 方法 さばき方

イワシの手開きの方法を、写真つきで分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

いわしの手開きの方法

いわし 手開き 方法 さばき方
【工程1】
まずイワシの頭を包丁で切り落とし、腹に切り込みを入れて内蔵を取り出します。

そして流水できれいに洗い、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。

ちなみに小ぶりなイワシを手開きする場合は、包丁を使わずに、手で頭を取ることも出来ます。

いわし 手開き 方法 さばき方
【工程2】
次に、イワシの中骨と身の間に親指を入れ、中骨に沿うように親指を動かしながら、イワシを開きます。

いわし 手開き 方法 さばき方
【工程3】
続いて、中骨を身から切り離します。

作業がしづらい場合は、イワシをまな板の上に置き、中骨を頭の方から外していくと簡単ですよ。

いわし 手開き 方法 さばき方
【工程4】
身から外した中骨は、尾のあたりでポキっと折り、取り除きます。

いわし 手開き 方法 さばき方
【工程5】
最後に腹骨を包丁でそぎ落としたら完成です。

これで料理に使えますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんまのはらわたの取り方。いわしの内蔵にも使えます。

サンマとイワシの内蔵を、なるべく手を汚さずに、簡単に取る方法をご紹介します。頭とお腹の2か所に切り込みを入れ、頭を引っ張るだけで、きれいに取...

いわしを使った常備菜。大量買いしたイワシは塩煮でストック。

肉と魚を比べたら、魚の方がヘルシーだと感じている方は多いと思います。私も、食べた後の胃腸の調子から、なんとなく魚の方が体に優しいと感じます。...

みきママの、いわしのレシピ。いわしのラタトゥイユ。

おうち料理研究家のみきママが考案した、イワシのレシピをご紹介します。「いわしのラタトゥイユ」。衣をつけて焼いたイワシに、ラタトゥイユソースと...

さんまの骨を簡単に取る方法。焼く前に切り込みを入れます。

魚を扱って50年のプロ、日本料理店「秋刀魚」の店主・山風呂秀一さんがすすめる、超簡単なサンマの骨の取り方をご紹介します。今が旬のサンマを使っ...

いわしのつみれの作り方。ふわっとして柔らかいのが特徴です。

今日は新鮮なイワシがとっても安かったので、つみれ鍋をつくりました。つみれを簡単につくるには、イワシのすり身を買ってくればよいのですが、それで...