甘酢生姜(ガリ)の作り方。調味料の節約ができる簡単レシピ。

2016/05/15

甘酢生姜 作り方 ガリ

ジメジメとした梅雨。不快だなと思うことも多々ありますが、けっしてイヤなことばかりではありません。探してみると、ウキウキすることも少なからずあります。

たとえば、アジサイ。庭先に咲いたアジサイの淡い色合いの移り変わりを眺めるだけでも、私は幸せな気分になります。
また、何といっても、この時期にしか出回らない食材があります。梅やラッキョウ、そして新生姜。これらの食材で、今の時期にしかつくれない保存食を作ることは、私にとってこの上ない楽しみです。

今日は、新生姜を使った「甘酢生姜」のレシピをご紹介します。

甘酢生姜と言っても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
お寿司屋さんで出てくる、寿司の脇に添えられたガリのことですよ。

スポンサーリンク

ガリの作り方

甘酢生姜 作り方 ガリ

ガリ作りで一番重要なポイントは、生姜をなるべく薄く切ることだと私は思います。

ですが、わが家にはピーラー(皮むき器)がありません。
モノはなるべく持たない主義の私は、調理器具も最小限。ピーラーなんてなくても、包丁でむけばいいじゃない!という考えです。
まあ、多少厚めのスライスでも、そこは家庭料理。愛嬌でカバーします。

さて今回のレシピでは、工夫した点が1つあります。
それは、使用する調味料をなるべく少なくしたこと。
同じ甘酢漬けとはいえ、大きなビンにゆったりと食材を入れてドボドボっと漬け汁を注ぐのと、食材を小さ目めのビンにキッチリ詰めてヒタヒタくらい加えるのとでは、調味料の使用量はまったく変わってきます。

今回は、スライスした生姜を保存袋に詰めて、そこに漬け汁を加えました。
空気を抜けば、かなり少量の調味料でも隅々まで良く浸かります。冷蔵庫に入れても、場所をあまり取りませんよ。

材料
新生姜 260g
米酢 150cc
砂糖 大さじ3.5
小さじ1
作り方
  1. 米酢・砂糖・塩をボールに入れ、よく混ぜておく。
  2. 生姜をできるだけ薄くスライスする。
  3. 鍋に湯を沸かし、2を加えてさっと湯がく。
  4. 3をザルに上げて水気をしっかり切り、熱いうちに1に加える。
  5. 4の粗熱が取れたら、保存用のビニール袋に入れ、きっちりと空気を抜いて冷蔵庫で保存する。翌日から食べられる。

甘酢生姜 作り方 ガリ
新生姜は、先がほんのりとピンク色で、見た目がとても美しいです。

甘酢生姜 作り方 ガリ
まず新生姜を薄めにスライスします。

ピーラーを使うと、ラクに薄切りにできます。
包丁でスライスするのは意外と難しいです。ポイントは、皮をむくようにして切ること。ちょっとシンドイですけど、普通にまな板の上でスライスするよりは、薄くできると思います。

甘酢生姜 作り方 ガリ
次に、沸騰した湯でさっと湯がきます。

ゆで上がったら、水気をしっかり切り、アツアツのうちに調味料(米酢・砂糖・塩を混ぜたもの)に漬け込みましょう。

甘酢生姜 作り方 ガリ
保存する際には、ビニール袋に入れます。

中の空気をしっかりと外に出して、口を閉めます。こうすると、少ない調味料で隅々までよく浸かります。

市販のガリは甘いばかりで味に深みがないと私はよく思いますが、こうして手作りすると、生姜らしさもほど良く残った、食べ応えのあるガリが出来ますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新生姜を使った、紅しょうが&ガリ(甘酢漬け)のつくり方。

新生姜をいただいたので、紅しょうがとガリ(甘酢漬け)をつくりました。それぞれのつくり方をご紹介します。紅しょうがのつくり方つくり方新しょうが...

紅しょうがの作り方。新生姜を使った超簡単レシピ。

新生姜が出回る季節になりました。今年も紅しょうがをつくりましたよ!ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、紅しょうがは、新生姜ではなく古根生...

紅しょうがの作り方。古根生姜でつくっても、意外と美味しいです。

今回は、紅しょうがをつくりました。一般的な紅しょうがとの違いは、新生姜ではなく、古根生姜(ふるねしょうが)を使っているということ。古根生姜は...

新生姜のレシピ。味噌漬けの作り方。

先日、新生姜を使って「紅しょうが」と「しょうがの甘酢漬け」をつくりました。その際に、ちょっとだけ残ってしまったんです。新生姜が。そこで、ほん...

「太巻き寿司」のレシピ。具材はシンプルで、甘さ控えめです。

今日は、「太巻き寿司」をつくりました。子供の頃によく食べた太巻き寿司とくらべると、ピンク色のでんぶが入っていない分だけ地味ですが、当時のこと...