レモン酢のレシピ。村上祥子さんのおすすめ。

2016/09/20

レモン酢 作り方 レシピ 村上祥子 ダイエット 美肌 血管年齢の若返り 疲労回復

料理研究家の村上祥子さんが考案した、レモン酢の作り方と、レモン酢を使った料理のレシピを3品ご紹介します。

レモンと酢で作る「レモン酢」は、ダイエット・美肌・血管年齢の若返り・疲労回復などに効果があると言われており、そのまま飲むだけでなく、料理にも幅広く使えます。

(情報元:TV「あさチャン!」あさトク 話題の酢漬けレシピ 2016年7月27日放映)

スポンサーリンク

レモン酢の作り方

レモン酢 作り方 レシピ 村上祥子 ダイエット 美肌 血管年齢の若返り 疲労回復

まずご紹介するのは、基本のレモン酢の作り方です。

材料
レモン180g
(1個半~2個)
氷砂糖180g
400ml

※レモンはなるべく国産無農薬を使用。
※氷砂糖は、上白糖・黒砂糖・きび砂糖でも代用可。ただしその場合は、まめにかき混ぜる。
※酢は、純米酢の他に、玄米酢・黒酢・りんご酢などでもOK。

作り方
  1. レモンは、湯をかけながら皮をタワシでゴシゴシ洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
    1センチくらいの輪切りにする。
  2. 材料すべてを耐熱ビンに入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で30秒加熱する。
    ビンにフタをして、常温で12時間ほど置いたらできあがり。

電子レンジで加熱しても、氷砂糖は完全には溶けません。時間をかけてじわじわ溶けます。

漬け込んだレモンは、そのまま取り出さなくてもよく、常温で1年ほど日持ちするそうです。

ところで出来上がったレモン酢は、水割りにしたり炭酸割にしたりしてそのまま飲んでも美味しいそうですが、料理にも幅広くいかせます。

レモン酢は、酢の味が少し強いので、好みが別れるかもしれません。
飲みにくいという方は、料理にどんどんいかした方がいいですよ。

次に、レモン酢を使った料理3品をご紹介します。

レモン酢はりはり

レモン酢 作り方 レシピ 村上祥子 ダイエット 美肌 血管年齢の若返り 疲労回復

料理の1品目は、「レモン酢はりはり」のレシピです。

材料
切り干し大根40g
レモン酢1/2カップ
醤油1/4カップ
1/4カップ
細切り昆布少々
レモン1枚
赤唐辛子1本
作り方
  1. 切り干し大根はさっと水ですすぎ、しっかり絞り、3センチの長さに切る。
  2. 材料すべてを混ぜ、30分漬けたらできあがり。

レモンの風味が爽やかな、一風変わったおしゃれな味の酢漬けが出来ます。

村上さんによると、切り干し大根にはカルシウムが豊富に含まれています。
またレモン酢には、カルシウムの吸収を良くする効果があるので、一緒に食べると良いそうですよ。

レモン酢ドレッシング

次にご紹介するのは、「レモン酢ドレッシング」です。

材料
レモン酢大さじ2
オリーブオイル大さじ1
サラダ油大さじ1
小さじ1/2
コショウ少々
作り方
  1. 材料すべてをボールに入れ、白濁するまでスプーンで混ぜたらできあがり。

たっぷりの野菜と和えると、爽やかでとても美味しいそうですよ。

次に、鶏肉を使った料理をご紹介します。

スポンサーリンク

鶏のレモン酢煮

最後にご紹介するのは、「鶏のレモン酢煮」のレシピです。

レモン酢には、肉を柔らかくする効果もあるそうです。

材料
鶏手羽元300g
レモン酢大さじ4
醤油大さじ2
ケチャップ大さじ1
大さじ2
レモンスライス4枚
コショウ少々
パセリ少々
作り方
  1. 鶏手羽元は、さっと下茹でする。
  2. 鶏手羽元・レモン酢・醤油・ケチャップ・水を鍋に入れ、レモンをのせ、落し蓋をして鶏肉をたまに返しながら、弱火で10分煮る。
    落し蓋を取り、水分を飛ばしながら煮汁を絡ませる。
  3. 2を皿に盛り、コショウをふり、刻んだパセリを散らしたらできあがり。

鶏肉は、ホロホロっとした柔らかい食感に仕上がるそうですよ。

※石原クリニック副院長の石原新菜さんがすすめる「レモン酢」のレシピも紹介しました。
砂糖の代わりにハチミツを使うのが特徴です。リンク先も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク