夏野菜の煮込み丼のレシピ。片岡護シェフのおすすめです。

公開:

夏野菜 レシピ どんぶり ラタトゥイユ 片岡護

イタリアンの名店「アルポルト」のオーナーシェフ・片岡護さんが考案した、夏野菜のレシピをご紹介します。

「夏野菜の煮込み丼」です。

ラタトゥイユ風に煮込んだ夏野菜を、白いご飯に合わせていただくお料理で、味付けはイタリアンに和のエッセンスがほんの少し加わります。

(情報元:TV「L4YOU!」夏野菜のイタリアンレシピ 2016年8月8日放映)

スポンサーリンク

夏野菜の煮込み丼の作り方

夏野菜 レシピ どんぶり ラタトゥイユ 片岡護

「夏野菜の煮込み丼」のレシピです。

調理のポイントは、野菜の旨味を引き出すために、じっくりと時間をかけて火を通すこと。

野菜をじっくり煮ると、味が染み込みやすくなります。

材料【2人分】
ベーコン200g
◎玉ネギ1/2個
◎パプリカ(赤・黄)各1/2個
◎ピーマン1個
◎ナス1本
◎ズッキーニ1/2本
◎セロリ1/2本
◎マッシュルーム3個
◎シイタケ3個
パセリ少々
バジル8枚
ニンニク2片
ホールトマト2と1/2缶
オリーブオイル大さじ6
白ワイン大さじ3と1/3
タバスコ小さじ2
塩・コショウ各少々
醤油少々
トンカツソース少々
パルメザンチーズ適宜
ご飯2膳分

※野菜は、冷蔵庫に残っているものを使用しても良い。ただし玉ネギ・ピーマン・ナスは、必ず使った方が美味しく出来る。

作り方
  1. 玉ネギ・セロリ・パプリカ・ピーマンは、3センチくらいのざく切りにする。ナスとズッキーニは、2センチ厚のいちょう切りにする。
    マッシュルームとシイタケは、1個を4等分に切る。ニンニクはみじん切りにする。パセリとバジルは細かく刻む。
    ベーコンは2センチ厚の拍子切りにする。
    ホールトマトは、ミキサーにかけるなどして細かく砕く。
  2. 鍋にニンニクとオリーブオイルを入れ、火にかける。
    油が泡立ちニンニクが少し色づいてきたら、ベーコンを加え、軽く火を通す。
    ◎の材料すべて・塩・コショウを加え、焦げないように時々ヘラで混ぜながら、かさが半分くらいになるまで炒める。
  3. 2に白ワインを加え、2分ほど炒めてアルコール分を飛ばす。
    パセリ・バジル・ホールトマト・タバスコを加え、30~40分煮る。
    仕上げに醤油・トンカツソースを加える。
  4. どんぶりにご飯を盛り、その上に3をかける。
    みじん切りにしたパセリとパルメザンチーズを散らしたらできあがり。

このように作ると、野菜の旨味が凝縮されて、とても美味しいそうです。

ベーコンとパルメザンチーズの風味が、よく合うそうですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

14155_alice_waters_ratatouille by Honolulu Media

トマトと桃の冷製パスタのレシピ。片岡護シェフのおすすめです。

イタリアンの名店「アルポルト」のオーナーシェフ、片岡護さんが考案した、冷製パスタのレシピをご紹介します。「トマトとモモの冷製パスタ」です。茹...

イタリアンレストラン「HATAKE AOYAMA」のまかないレシピ。野菜のかき揚げ丼の作り方。

東京・青山にあるイタリアンレストラン「HATAKE AOYAMA」の総料理長・神保佳永さんが考案した、まかないレシピをご紹介します。「イタリ...

かぼちゃのトマト煮のレシピ。イタリアンのシェフのおすすめ。

イタリアンの人気店「HATAKE AOYAMA」の総料理長 神保佳永さんが考案した、カボチャのレシピをご紹介します。「カボチャのトマト煮込み...

ブロッコリーのパスタのレシピ。片岡護さんのおすすめです。

イタリアンの名店「アルポルト」のオーナーシェフ・片岡護さんが考案した、ブロッコリーのパスタのレシピをご紹介します。パスタの具材になるのは、た...

腸にいい食べ物のレシピ。ヘルシー料理のプロの、簡単漬物。

腸内環境の改善におすすめの、漬物の簡単レシピをご紹介します。管理栄養士の堀知佐子さんが考案した、「味噌ヨーグルト漬け」です。味噌とヨーグルト...