かぼちゃのトマト煮のレシピ。イタリアンのシェフのおすすめ。

かぼちゃ レシピ トマト煮 煮物 煮付け

イタリアンの人気店「HATAKE AOYAMA」の総料理長 神保佳永さんが考案した、カボチャのレシピをご紹介します。

「カボチャのトマト煮込み」です。

ホクホクのカボチャの煮物を、イタリアンテイストに仕上げた一品です。

(情報元:TV「L4YOU!」かぼちゃ使い切りレシピ 2016年9月19日放映)

スポンサーリンク

カボチャのトマト煮込みの作り方

かぼちゃ レシピ トマト煮 煮物 煮付け

「カボチャのトマト煮込み」のレシピです。

材料【カボチャ1/2個分】
カボチャ1/2個
玉ネギ1/4個
ニンジン3センチ
セロリ4センチ
ニンニク(みじん切り)少々
少々
ホールトマト1缶
ローリエ1枚
オリーブオイル大さじ4
作り方
  1. カボチャはタネを取り、4~5センチくらいの少し大きめのざく切りにする。
    玉ネギ・ニンジン・セロリはみじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で熱して香りを出す。
    玉ネギ・ニンジン・セロリを加え、全体に軽く火を通し、ローリエを加え、香りを出す。
    ホールトマトを潰したものを加える。
  3. カボチャの皮の方を下にして2の鍋に並べ、塩を加える。
    クッキングシートで落し蓋をし、弱火で10分ほど煮込む。
    カボチャをひっくり返し、再びフタをして20~30分煮たらできあがり。(煮上がりは、上の写真のようになります。)

カボチャは少し大きめに切り、じっくり時間をかけて煮込みます。

かぼちゃ レシピ トマト煮 煮物 煮付け
トマトの旨味と酸味、そしてほど良い塩加減で、カボチャ本来の味が引き立ちます。

飽きの来ない優しい味なので、常備菜としてもおすすめです。

ちなみに栄養面では、カボチャのβカロテンは喉や鼻の粘膜強化に役立ち、トマトのリコピンは強い抗酸化作用があるので、免疫力アップや風邪予防に良いそうですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク