お弁当の簡単おかずレシピ。柳澤英子さんの、照り焼きチキン。

2016/10/15

お弁当 簡単 おかず レシピ プロ 運動会 お花見

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。

今日のメニューは、次の2品です。

メニュー
  1. 料理研究家 柳澤英子さんの「テリヤキチキン」
  2. 柳澤英子さんの「レンチン ふっくらたまご焼き」

「テリヤキチキン」は、フライパンを使って8分で作れます。

「ふっくらたまご焼き」は、電子レンジでたったの3分で完成です。

スポンサーリンク

照り焼きチキンの作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ プロ 運動会 お花見

まずご紹介するのは、柳澤さんの「家族がやみつき!テリヤキチキン」のレシピです。

パサパサしがちなむね肉が、しっとり焼き上がります。

調理のポイントは、鶏肉の厚さを均等にし、冷たい状態のフライパンに並べ、焼き始めることです。

材料【2人分:調理時間8分】
鶏ムネ肉200g
玉ネギ1/2個
シメジ1/2パック
ニンジン1/3本
塩・コショウ各少々
サラダ油小さじ2
A
みりん大さじ1
大さじ1
醤油大さじ1
作り方
  1. 玉ネギは薄切りにし、ニンジンは薄い輪切り(※下記)にする。シメジは石づきを取り、小房に分ける。
    鶏肉は観音開きにして厚さを均等にし、4等分する。
  2. 冷たい状態のフライパンにサラダ油を引き、鶏肉を並べ、塩・コショウを振る。その上に玉ネギとニンジンをのせ、フタをして中火で1分加熱する。
    さらにシメジをのせ、再びフタをして中火で2分焼く。
  3. 鶏肉をひっくり返して野菜の上にのせ、フタをして弱めの中火で1分加熱する。
    鶏肉・シメジ・ニンジンを取り出す。
  4. フライパンの中を玉ネギだけにしたら、Aを加えて弱火で1分煮詰め、玉ネギソースを作る。
    鶏肉・シメジ・ニンジンをお弁当箱に詰め、鶏肉の上にソースをかけ、黒コショウを振ったらできあがり。

※冒頭の写真は、ニンジンが太かったため、半月切りにしました。

工程3で鶏肉・シメジ・ニンジンを取り出す工程は、少し面倒かもしれませんが、フライパンに残った玉ネギに調味料を加えて煮詰めると、鶏肉によく合うソースが出来ます。
ちなみにこのソースは、ほとんど汁気がありません。

鶏肉は冷めてもしっとりしているので、お弁当にもぴったりです。

玉ネギとみりんの優しい甘みをいかした、さっぱりとした照り焼きチキンが出来ますよ。

(情報元:TV「おびゴハン!」2016年10月12日放映)

スポンサーリンク

卵焼きの作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ プロ 運動会 お花見

次にご紹介するのは、柳澤さんが考案した、「レンチン ふっくらたまご焼き」のレシピです。

野菜をたっぷり使ったヘルシーな卵焼きが、たったの3分で作れます。

材料【2人分:調理時間3分】
2個
ニンジン1/3本
ニラ1/4束
塩・コショウ各少々
マヨネーズ大さじ1
作り方
  1. ニンジンは千切りに、ニラは1〜2センチ幅に切る。
  2. 耐熱容器に卵を割り入れ、かき混ぜる。他の材料すべても加え、よく混ぜる。
    ラップをせずに電子レンジ(600w)で1分30秒加熱する。
  3. 2をいったん取り出してよく混ぜ、今度はふんわりとラップをして600wで2分加熱する。
    容器をひっくり返し、中身を取り出す。食べやすい大きさに切り、お弁当箱に詰める。

お弁当 簡単 おかず レシピ プロ 運動会 お花見
工程2で一度目の加熱をした後は、卵のまわりだけが固まっていて、中心部はまだ生の状態です。

そのためいったん取り出してよく混ぜ、二度目はラップをして加熱します。

ちなみに私は、ジップロックのタッパーを使って、この卵焼きを作りました。

お弁当 簡単 おかず レシピ プロ 運動会 お花見
仕上がりは、加熱し過ぎた茶碗蒸しのように、どうしてもスが入ってしまいますが、彩りの良い野菜をたっぷり使うので、お弁当にしてもけっこう見栄えがします。

ふわっとした食感で優しい味付けなので、とても食べやすいですよ。

(情報元:TV「おびゴハン!」2016年10月12日放映)

スポンサーリンク
スポンサーリンク