家事えもんの、おでんのレシピ。短時間で味が染みます。

おでん つゆ 具 レシピ 作り方 家事えもん

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、おでんのレシピをご紹介します。

大根をあらかじめ凍らせると、煮込み時間を45分ほどに短縮出来ます。

具材に味がしっかり染みた、上品な味のおでんが完成します。

卵はとろとろの半熟状に仕上がりますよ。

(情報元:TV「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年10月27日放映)

スポンサーリンク

家事えもん流おでんの作り方

おでん レシピ 作り方 家事えもん

家事えもんの「おでん」のレシピです。

工程1〜4(具材の下準備)は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分】
具材
大根1/3本
コンニャク1枚
厚揚げ2枚
チクワ4本
スライスベーコン4枚(100g)
レタス1/2玉
4個
白ダシ150ml
おでんつゆ
白ダシ150ml
1.2リットル
オイスターソース大さじ3
ダシ粉
かつおぶし2パック(5g)
青のり小さじ2
作り方
  1. 【大根の下準備】大根は輪切りにし、十字の切り込みを入れる。1つずつラップで包み、8時間ほど冷凍庫に入れる。
  2. 【卵の下準備】卵は半熟卵にする。(沸騰させた湯に卵を入れ、常温に戻した卵は6分、冷蔵庫から出してすぐの卵は6分半茹で、すぐに流水で粗熱を取る。)
    卵と白ダシを保存袋に入れ、1時間ほど置いて味を染み込ませる。
  3. 【コンニャクの下準備】コンニャクは4等分し、表面に切り込みを入れる。耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジで加熱(500wで2分ほど)し、水分を飛ばす。
  4. 【ベーコンレタスを作る】レタスの葉はきつく巻いて円柱状にし、その周りにベーコンを巻く。ベーコンの巻終わりを楊枝で止め、レタスをベーコンの幅に切る。
  5. 【ダシ粉を作る】かつおぶしを耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(500w)で1分半加熱する。
    かつぶしを保存袋に入れ、手で揉んで細かく砕く。青のりを混ぜる。
  6. おでんつゆの材料すべてと凍らせた大根を鍋に入れ、15分煮る。
    コンニャク・厚揚げ・チクワを加え、さらに30分煮る。
    火を止め、ベーコンレタスと卵を加え15分置く。
    ダシ粉を添えたらできあがり。

工程1〜4(具材の下準備)を、写真をもとに説明します。

スポンサーリンク

家事えもん流おでんの作り方

おでん レシピ 作り方 家事えもん
【工程1〜3】
まず大根は皮をむいて輪切りにし、十字の切り込みを入れます。
そして1つずつラップで包み、8時間かけて冷凍します。

次に半熟卵を作り、下味を付けます。
半熟卵の作り方は、次の通りです。
沸騰させた湯に卵を入れ、常温に戻した卵は6分、冷蔵庫から出したばかりの卵は6分半茹で、すぐに流水で粗熱を取ります。
卵を茹でたら殻をむき、白ダシ(150ml)と一緒に保存袋に入れ、1時間ほど置きます。

コンニャクは4等分して表面に切り込みを入れ、電子レンジで軽く加熱し(500wで2分程度)、水分を飛ばします。

【調理のポイント】
大根は、味を染み込みやすくするため、あらかじめ冷凍します。
冷凍すると、大根の細胞が壊れるため、調味料が入りやすくなります。

卵は半熟状に仕上げるため、加熱し過ぎないように、事前に味を付けておきます。

コンニャクは電子レンジで水分を飛ばし、味を染み込みやすくします。

おでん レシピ 作り方 家事えもん

【工程4】
ベーコンレタスの作り方は、次の通りです。

レタスの葉はきつく巻いて円柱状にし、その周りにベーコンを巻きます。
そしてベーコンの巻終わりを楊枝で止め、レタスをベーコンの幅に切ったらできあがり。

ちなみにレタスはあらかじめ2等分し、ベーコン2枚分の幅の円柱状に巻くと、ベーコンがぴったり巻けて、レタスの無駄が出ません。

【調理のポイント】
おでんつゆの味付けには、オイスターソースを使います。
魚介の旨味が加わり、長時間煮込んだような深い味に仕上がります。

また具材にベーコンを加え、おでんつゆのコクをアップします。

おでん レシピ 作り方 家事えもん
具材に味がしっかり染みた、上品な味のおでんが完成します。

オイスターソースを味付けに使っていることは、まったく分かりません。
魚介の旨味がおでんによく馴染んでおり、塩気もほど良く、とても美味しいです。

おでん レシピ 作り方 家事えもん
家事えもん流おでんは、静岡おでんのダシ粉に見立てた、かつおぶし&青のりをつけていただきます。
ひとふりするだけで、おでんがぐっと風味豊かになります。

ひと手間かけて作った卵は、おでんの具らしからぬ、とろとろの半熟状に仕上がりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク