学校では教えてくれない、商品としてのアート

2012/11/04

 「個性」や「自由」、そして「多様性」。私がまだ学生だった頃、美術の授業では、そうした言葉が重要視されていたように思います。いまの授業がどうなのかは知りませんが、あまり違いはないのかもしれません。 卒...

続きを読む

スポンサーリンク

翡翠色の瞳に託したイラク人の誇り by ハリーム・アル・カリーム(Halim Al Karim)

2012/10/27

今回紹介する作品は、是非、大きなサイズでご覧いただきたい作品です。flickrに写真がアップされているので、まずは下のリンク先をご覧ください。「アラブ・エクスプレス展」展示風景 by Mori Art...

続きを読む

スポンサーリンク

戦争をピンク色に塗り替える。暴力を吹き飛ばす脳天気な世界 by ゼーナ・エル・ハリール(Zena el Khalil)

2012/10/20

「Xanadu, Your Neon Lights Will Shine」 Zena el Khalil(2010) 「暴力」や「恐怖」、「絶望」。とても嫌な言葉です。これらの言葉を色彩で表現するとし...

続きを読む

スポンサーリンク

レバノン内戦の傷跡。火であぶった観光写真 by ジョアナ・ハッジトーマス&ハリール・ジョレイジュ(Joana Hadjithomas and Khalil Joreige)

2012/10/14

「War Postcards」(Wonder Beirut project) Joana Hadjithomas and Khalil joreige ラックに行儀よく並べられた絵はがき。旅先などでよ...

続きを読む

コーヒーの出し殻でつくられた安重根と金九。韓国人アーティスト、イ・チャンウォンの不思議な作品

2012/10/06

左:「Hurrah!」、右:「A Day in Namsan 」 イ・チャンウォン(Changwon Lee、韓国) 2009 柔らかく浮かびあがったシルエット。まるで絵本のワンシーンのような、懐かし...

続きを読む