かぼちゃの炊飯器レシピ。浜内千波さんのかぼちゃの煮物。

投稿日:2016年12月19日 更新日:

かぼちゃの炊飯器レシピ

炊飯器を使った、カボチャの煮物の簡単レシピをご紹介します。

料理研究家の浜内千波さんが考案した、「煮くずれしない!カボチャのやわらか煮」です。

炊飯器の保温機能を使うと、カボチャの甘みや旨みを最大限にいかした、柔らかい煮物が作れます。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2016年12月19日放映)

炊飯器を使った、かぼちゃの煮物の作り方

かぼちゃの炊飯器レシピ

「煮くずれしない!カボチャのやわらか煮」のレシピです。

材料【1/4個分】
カボチャ 1/4個
小さじ1/2強
熱湯 200ml
粉チーズ 大さじ1
黒コショウ 適量
作り方
  1. カボチャはタネとワタを取り、一口大に切る。
  2. 1・塩・熱湯を炊飯器に入れる。フタをして保温スイッチを押し、1時間置く。
  3. 2を器に盛り、粉チーズと黒コショウを振ったらできあがり。

浜内さんによると、炊飯器を使ってカボチャの煮物を作るメリットは2つあります。

1つは、カボチャの旨みを十分にいかせること。
野菜の旨味成分である「グルタミン酸」が最大限に引き出されるのは、60〜70度。
炊飯器の保温機能は70度前後なので、理想的な加熱温度だそうです。

2つめは、煮くずれしないことです。

ちなみに保温時間は、炊飯器の大きさや性能によって、若干変わります。
レシピ通りの分量で作る場合は、5合炊きの炊飯器を使うのがおすすめです。

かぼちゃの炊飯器レシピ
炊飯器で作ったカボチャの煮物は、しっとり柔らかく、甘みが強いです。シンプルな味付けだということもあり、カボチャ本来の旨みも引き立ちます。

浜内さんのおすすめは、煮上がったカボチャに、粉チーズと黒コショウを合わせること。
カボチャグラタンのような洋風の煮物になります。

ところで、浜内千波さんの、電子レンジを使ったカボチャの煮物も簡単でいいですよ。
かぼちゃの塩煮」のレシピも、合わせてご覧ください。

関連レシピ