酒粕を使った茹で豚レシピ。豚肉に酒粕を合わせて風味アップ!ほろよい豚。

投稿日:2016年12月28日 更新日:

豚肉と酒粕のゆで豚

酒粕を使った茹で豚のレシピをご紹介します。

料理研究家の山脇りこさんが考案した「ほろよい豚」です。

豚のブロック肉を酒粕と昆布で煮込んだお料理で、豚肉はほろほろっとした食感に仕上がります。

ご馳走感があるお料理なので、パーティーやお正月におすすめです。

(一部情報元:日本テレビ「キューピー3分クッキング」お正月レシピ 2016年12月27日放映)

酒粕と豚肉のレシピ

豚肉と酒粕のゆで豚

「ほろよい豚」のレシピです。

材料【1kg分:調理時間80分】
豚肩ロースブロック肉 2本(1kg)
クレソン 適量
A
酒粕 300g
だし昆布 40g
小さじ1と1/2
1.5リットル
しょうが醤油だれ
おろしショウガ 小さじ2
醤油 大さじ2
豚肉のゆで汁 大さじ2
梅マスタードだれ
梅肉 1個分
粗挽きマスタード 大さじ2
醤油 小さじ2程度
作り方
  1. 酒粕は適当な大きさにちぎる。Aを鍋に入れ、30分ほど置く。
  2. 1に豚肉を加え、クッキングシートで落し蓋をし、中火にかける。
    煮立ったら弱火にし、そのまま45分茹でる。(竹串を刺して透明の汁が出てきたら、茹で上がり。)
    落し蓋をしたまま火からおろし、人肌になるまで冷ます。
  3. 【たれを作る】2種類のたれの材料をそれぞれ混ぜる。
  4. 2を少し厚めに切って皿に盛り、3を添えたらできあがり。

写真もとにレシピを簡単に説明します。

豚肉と酒粕のゆで豚
まず酒粕(300g)・だし昆布(40g)・塩(小さじ1と1/2)・水(1.5リットル)を鍋に入れ、30分ほど置きます。
昆布から旨味を出し、酒粕を少し溶かすためです。

30分経ったら豚肩ロースブロック肉(1kg)を加えます。(上の写真)

※写真はレシピの半量で作っていますが、レシピ通りの分量で説明します。


豚肉と酒粕のゆで豚
そしてクッキングシートで落し蓋をし、この状態で45分ほど茹でます。

45分経ったら、竹串で刺してみて、肉汁が透明だったら茹で上がり。
そのまま人肌になるまで冷ますと、しっとり仕上がります。


豚肉と酒粕のゆで豚
ほろほろっとした食感の、美味しい茹で豚が出来ます。

「ほろよい豚」というレシピ名になっていますが、酒粕の味はしません。
酒粕によって豚肉の臭みが取れ、旨味が際立ちます。子供でも食べやすいですよ。

このお料理は、煮汁ごと保存容器に入れ、上からクッキングシートをぴったりかぶせておくと、冷蔵庫で4日ほど保存出来るので、常備菜としてもおすすめです。
ちなみに残った煮汁は、塩気を補うと、スープとして美味しくいただけるそうですよ。

関連レシピ