鶏手羽元の紹興酒漬けのレシピ。中華のプロのおすすめ。

投稿日:2017年1月4日 更新日:

鶏 手羽元 レシピ 簡単 人気

中華のプロが考案した、包丁もまた板も使わない、鶏手羽元の簡単レシピをご紹介します。

中華料理の名店「パラダイスダイナシティ」の総料理長、梁田圭さんの「手羽元の紹興酒漬け」です。

さっと茹でた鶏手羽元を、紹興酒のたれに漬け込んだ一品です。

鶏肉は旨味が強く、しっとりプルプルの食感に仕上がりますよ。

(一部情報元:日本テレビ「ヒルナンデス!」お正月料理SP 2016年12月29日放映)

手羽元の紹興酒漬けの作り方

鶏 手羽元 レシピ 簡単 人気

「手羽元の紹興酒漬け」のレシピです。

材料【4人分】
手羽元 10本
紹興酒のたれ
紹興酒 300ml
砂糖(上白糖) 150g
醤油 150ml
10g
大葉 5枚
作り方
  1. 鍋に3リットルの湯を沸騰させる。手羽元を入れ、再び沸騰させたらフタをして火を止める。そのまま15分置き、予熱で火を通す。
  2. 【たれを作る】紹興酒・砂糖・醤油・塩をボールに入れ、砂糖が溶けるまでよく混ぜる。
    大葉を手で揉んで香りを出し、加える。
    (※子供用に作る場合は、紹興酒・砂糖・醤油・塩を一度火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばし、冷ましてから大葉を加えると良い。)
  3. 1の鶏肉を氷水に取り、水気を切り、2に加える。そのまま15分ほど置き、味を染み込ませたらできあがり。

鶏 手羽元 レシピ 簡単 人気

調理のポイントは3つあります。

1つめは、鶏肉の加熱の仕方。
鶏肉は、沸騰した湯に入れ、火を止めて予熱で火を通すと、しっとり仕上がります。

また加熱し終えた鶏肉は、すぐに冷水に取ると、食感がプルプルになります。

鶏 手羽元 レシピ 簡単 人気
2つめのポイントは、たれに少し多めの砂糖を加えること。
紹興酒はアルコール度が高く、味に少しトゲがあるので、砂糖で口当たりをまろやかにします。

3つめは、たれに浸す大葉について。
大葉は手で揉んで加える(切らずにそのまま使用)と、香りが増し、たれが美味しくなります。


鶏肉はプルプルっとしていて、とろけるような食感に仕上がります。
手羽先や豚足を思わせる、ゼラチン質のマイルドな口当たりが際立ちます。

お味の方は、紹興酒の風味をいかした大人むけの仕上がりですが、甘みも効いているので食べやすいです。
鶏肉の旨味が引き立ち、とても美味しいですよ。

関連レシピ