牛すじの下処理。プロがすすめる下ごしらえ。

投稿日:2017年1月30日 更新日:

牛すじの下処理

牛すじの下処理の方法をご紹介します。

料理研究家の栗原心平さんがすすめる、上手な下ごしらえの仕方です。

ポイントは、沸騰した湯に牛すじを入れ、さっと下茹ですること。

熱い湯に冷たい牛すじを入れると、臭みやアクをしっかり取ることができます。

(一部情報元:テレビ東京「男子ごはん」 2017年1月15日放映)

牛すじの下茹での仕方

牛すじの下ごしらえ
【工程1】
まず鍋に湯を沸かします。

沸騰したら牛すじを入れ、再沸騰させてアクを出します。

【調理のポイント】
牛すじは、沸騰させた湯に入れ、下茹でします。

熱い湯に冷たい牛すじを入れると、アクや臭みをしっかり取ることができます。


牛すじの下茹で
【工程2】
アクが十分に出たら、牛すじをザルに上げ、アクと茹で汁を捨てます。

たったこれだけで、牛すじの下処理は終わりです。

牛すじはもともと肉質が硬いので、あとは鍋などで加熱調理します。
じっくり煮込むと、食感がとろっと柔らかくなり、だしも出やすくなります。


牛すじの簡単な下処理
ところでこの下処理の方法をいかした、栗原さんの「牛すじカレー」のレシピはおすすめです。
舌にまとわりつくようなとろとろの牛すじがとてもいいですよ。
詳しいレシピはリンク先をご覧ください。

関連レシピ