平野レミさんの、本格インドカレーのレシピ。WADAカレー

公開: 更新:2017/01/27

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス

本格インドカレーの超おすすめレシピをご紹介します。

料理愛好家の平野レミさんが考案した、「WADAカレー」です。

レミさんはこのカレーについて、「目をつぶっていたらインドになっちゃう」とか「目が飛び出るくらい美味しい」とおっしゃっていますが、まさにその通り。

一口食べると「本格的」という言葉がパッと思い浮かぶとても美味しいカレーで、鮮烈でコクのある複雑な味が最高ですよ。

ちなみにこのカレーは、レミさんが嫁いだ先の名字「WADA(和田)」がそのままメニュー名になっていますが、もともとはレミさんの実のお母様のお料理だったそうです。
現在では、パクチーを加えるなどしてアレンジが加えられ、レミさんのレパートリーの1つになっています。

(情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2017年1月23日放映)

スポンサーリンク

本格インドカレーの作り方

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス

「WADAカレー」のレシピです。

このカレーの最も大事なポイントは、セロリを葉ごと使うこと。
葉も一緒に加えると、コクが出てグッと美味しくなります。

レシピの全行程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間30分】
鶏モモ肉 1枚(300g)
玉ネギ 1個
セロリ 1本
マッシュルーム 1パック
トマト 1個
クミンパウダー 小さじ1
小さじ1/4+小さじ1
コショウ 少々
ココナッツオイル(※) 大さじ2
ショウガみじん切り 小さじ1
ニンニクみじん切り 大さじ1
赤唐辛子(小) 1本
カレー粉 大さじ1と1/2
1カップ
パクチーみじん切り 1/4カップ
ご飯 2人分
トッピング
グラノーラ 好みで適量
ナッツ 好みで適量
ラディッシュ 好みで適量
パクチー 好みで適量
ココナッツミルク 好みで適量

※サラダ油やオリーブオイルで代用可

作り方
  1. 鶏肉は一口大に切り、ビニール袋に入れる。クミンパウダー・塩(小さじ1/4)・コショウを加え、よく揉んで10分置く。
  2. 玉ネギはみじん切りにし、セロリは茎を1センチの斜め切りにし、葉をざく切りにする。マッシュルームは薄切りにし、トマトはヘタを取って横に2等分する。
  3. 鍋を中火にかけ、ココナッツオイル・ショウガ・ニンニク・手でちぎった赤唐辛子(タネごと)を入れ、香りを立たせる。
    玉ネギを加え、薄っすらと色づくまで炒める。弱火にしてフタをし、5分蒸し焼きにする。
    セロリの葉と茎・マッシュルームを加え、しんなりするまで炒める。
  4. 3の鍋の中身を端に寄せ、鍋肌に直接カレー粉をのせ、カレー粉だけをヘラで混ぜながら炒める。
    香りが立ってきたら全体を炒め合わせる。
    1とトマトと水を加え、フタをして中火で15分煮る。
    水分が少なくなったら、トマトの皮を取り除き、ヘラでトマトを潰す。
    仕上げにパクチーのみじん切りと塩(小さじ1)を加え、味を整える。
  5. ご飯を皿に盛り、4をかける。パクチーとラディッシュを飾り、砕いたグラノーラとナッツをトッピングする。ココナッツミルクを回しかけたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

スポンサーリンク

レミ流インドカレーの作り方

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
【工程1・2】
最初に下準備をします。

まず鶏肉は一口大に切り、ビニール袋に入れます。
そしてクミンパウダー・塩(小さじ1/4)・コショウを加え、よく揉んで10分置きます。

次に玉ネギはみじん切りにし、セロリは茎を1センチ幅の斜め切りにし、葉をざく切りにします。
さらにマッシュルームは薄切りにし、トマトはヘタを取って横に2等分します。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
【工程3】
続いて鍋を中火にかけ、ココナッツオイル・ショウガ・ニンニク・手でちぎった赤唐辛子(タネごと)を入れ、香りを立たせます。

そして玉ネギを加え、薄っすらと色づくまで炒めます。さらに弱火に落としてフタをし、5分蒸し焼きにします。

この段階で玉ネギは、上の写真くらい淡く焼き色がつきます。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
玉ネギを炒めたら、セロリの葉と茎・マッシュルームを加え、しんなりするまで炒めます。

【調理のポイント】
セロリは、葉ごと使います。

セロリの葉には、香り成分が茎より多く含まれています。

セロリの香り成分は、料理のコクを出してくれるので、深い味わいが生まれます。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
【工程4】
次に、鍋の中身を端に寄せ、鍋肌に直接カレー粉をのせ、カレー粉だけをヘラで混ぜながら炒めます。

そしてカレーの香りが立ってきたら、全体を炒め合わせます。

【調理のポイント】
カレー粉は、鍋肌の上で直に炒めます。

そうするとパウダー特有の粉臭さが取れ、よりいっそう香ばしくスパイシーになります。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
カレー粉の香りが出たら、下味をつけた鶏肉・トマト・水を加え、フタをして中火で15分煮ます。

【調理のポイント】
トマトから出る水分で、カレーに酸味と甘味をプラスし、味を引き締めます。

そしてしばらく煮詰め、旨味を凝縮させます。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
15分煮込むと、上の写真くらい水分が飛びます。

水気が多い場合はフタを取って調整し、減らしてください。

そしてトマトの皮を取り除き、ヘラでトマトを潰します。
トマトの皮は、スルッと簡単にむけます。

【調理のポイント】
カレーを煮込んでいる間に、トマトの湯剥きをします。

トマトの皮は、加熱することで簡単にむくことが出来ます。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
仕上げにパクチーのみじん切りと塩(小さじ1)を加え、味を整えたらカレーの完成です。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
【工程5】
ご飯を皿に盛り、カレーをかけます。

そしてパクチーとラディッシュを飾り、砕いたグラノーラとナッツをトッピングします。ココナッツミルクを回しかけたらできあがり。

【調理のポイント】
ココナッツミルクで、マイルドな味わいをプラスします。

カレー レシピ 作り方 美味しい カレー粉 スパイス
このカレーは、野菜やスパイスが渾然一体となって醸し出す、鮮烈で深みのある味がとても素晴らしいです。

たったの30分で、身近な食材だけで作ったとは思えません。本格的な味のインドカレーです。

私は以前、4ヶ月かけてインドを一周したことがありますが、このカレーは、南インドでよく食べられているカレーに味が近いと思います。

日本の飲食店で主流になっているのは、こってりとした味わいの、北インドのカレー。
一方の南インドカレーは、最近日本でも都心部を中心に流行っている、野菜の風味をいかしたマイルドなカレー。
野菜の魅力を存分にいかした、日本人の口に合うカレーです。

私はこれまで、日本でインドカレーを作ると、比較的水っぽい日本の野菜が、スパイスの風味に負けてしまいがちだと思っていました。
でもこのカレーは、野菜の存在感があり、しっかり主張してきます。

食べ応えのある本格インドカレーが、家庭でも簡単に作れますよ。

スポンサーリンク
カレーの人気レシピ。おすすめ15品まとめ。

カレーの人気レシピを15品ご紹介します。当サイトでは、テレビで話題になった料理を中心に紹介していますが、今日は数あるカレーの中から、特に人気...

平野レミさんの、さばの春巻きのレシピ。「サバビァ~ン巻き」の作り方。

料理研究家の平野レミさんが考案した、春巻きのレシピをご紹介します。「サバビァ~ン巻き」です。「元気です」という意味のフランス語「Ca va ...

カレーの簡単リメイク術。カレーアイスクリームスープ。

けさのテレビ番組で「リメイクしたい料理」が話題になっていました。ネット上の検索数を調べると、リメイクしたい料理のナンバーワンは「カレー」。つ...

平野レミさんの、チャーハンのレシピ。フランスパンで作ります。

料理愛好家の平野レミさんが考案した、チャーハンのレシピをご紹介します。「チャーパン」です。ご飯の代わりにフランスパンを使った、ユニークなチャ...

平野レミさんの人気レシピ。58品まとめ。

料理愛好家の平野レミさんの、人気レシピを58品ご紹介します。おしゃれな見た目と味付け。そしてユニークなネーミング。私はそんな遊び心があるレミ...