きんぴら丼のレシピ。人参とごぼうを使った簡単丼物の作り方。

投稿日:2017年2月27日 更新日:

丼 レシピ 丼もの 丼物 どんぶり 簡単 人気

料理愛好家の平野レミさんが考案した、簡単な丼レシピをご紹介します。

「キンピーラー丼」です。

きんぴらごぼうを具材のベースにした丼物で、ごぼうとにんじんのシャキシャキ感がとても新鮮です。

味付けは、キムチの風味をいかした少し甘めの韓国風。
ご飯がすすみますよ。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2017年2月24日放映、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2017年9月12日放映)

キンピーラー丼の作り方

丼 レシピ 丼もの 丼物 どんぶり 簡単 人気

「キンピーラー丼」のレシピです。

調理には、包丁は一切使いません。

ゴボウとニンジンの切り方は、下の写真を参考にしてください。

材料【2人分:調理時間15分】
牛こま切れ肉 70g
ゴボウ 50g
ニンジン 50g
ニラ 4本(15g)
キムチ 100g
卵黄 2個
ご飯 適量
ゴマ油 大さじ1
白ゴマ 適量
A
白すりゴマ 大さじ1
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1/2
作り方
  1. ゴボウはタワシで洗い、皮をむかずにピーラーで縦に薄切りにし、1分水にさらし、水気を切る。
    ニンジンも皮をむかずに、ピーラーで縦に薄切りにする。
    ニラは手で食べやすい長さに切り、キムチはキッチンバサミで細かく切る。
  2. フライパンにゴマ油を熱し、強めの中火でゴボウをさっと炒める。
    ニンジンと水(分量外:適量)を加え、フタをして1分蒸し焼きにする。
    フタを取り、水分を飛ばすようにさっと炒める。
    牛肉とキムチを加え、牛肉に火を通す。
    ニラとAを加え、さっと炒め合わせる。
  3. どんぶりにご飯を盛り、その上に2をのせる。
    さらにその上に卵黄をのせ、白ゴマを振ったらできあがり。

丼 レシピ 丼もの 丼物 どんぶり 簡単 人気

ゴボウとニンジンは、上の写真のようにピーラーで縦に薄く長く切ります。

繊維に沿って縦に切ると、ゴボウとニンジンの食感が出やすくなります。

またどちらも皮をむかずに使用し、ゴボウは水にさらす時間を1分程度におさえることで、旨味や栄養を逃さず調理します。

【調理のポイント】
ゴボウとニンジンは、シャキシャキ食感を出すために、切り方と加熱の仕方に注意します。

繊維に沿って縦にピーラーで切ると、食感が出やすくなります。

またフタをして蒸し焼きにすると、短時間で火が通るので、加熱し過ぎを防ぐことができます。

丼 レシピ 丼もの 丼物 どんぶり 簡単 人気

ピーラーで薄く切ったゴボウとニンジンは、シャキシャキとしつつも、ご飯によく馴染みます。

コクのある少し甘めの味付けが、キンピラと牛肉に絶妙にマッチして、ご飯が進みますよ。

関連レシピ