浜内千波さんのレンコンの肉詰め。ご飯に合います。

投稿日:2017年3月8日 更新日:

れんこん 肉詰め レンコン レシピ

甘辛い味付けがご飯によく合う、れんこんの肉詰めのレシピをご紹介します。

料理研究家の浜内千波さんが考案した、「レンコンの鶏肉詰め」です。

調理時間は15分程度です。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2017年3月7日放映)

れんこんの鶏肉詰めの作り方

れんこん 肉詰め レンコン レシピ

「レンコンの鶏肉詰め」のレシピです。

レシピの分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間15分】
鶏ひき肉 100g
レンコン 200g
おろしショウガ 1かけ分
1g
片栗粉 適量
サラダ油 大さじ2
白ゴマ 適量
照り焼きソース
醤油 大さじ1
大さじ1
砂糖 大さじ1/2
大さじ3
作り方
  1. レンコンは皮をむき、水でこすり洗いをする。
  2. 鶏ひき肉と塩をボールに入れ、粘りが出るまで手で混ぜる。おろしショウガを加え、さらに混ぜる。
  3. レンコンに2の肉ダネを詰める。(レンコンを肉ダネに押しつけると同時にギュッとひねると、簡単に詰められます。下の写真を参考にしてください。)
    レンコンを1センチ幅の輪切り(もしくは半月切り)にし、両面に片栗粉をまぶす。
  4. 熱したフライパンにサラダ油を引き、3の両面を中火で焼く。
    レンコンを取り出して火を止め、照り焼きソースの材料すべてを加え、さっと煮詰める。
    レンコンを戻し入れ、ソースを絡める。
  5. 4を皿に盛り、白ゴマを振ったらできあがり。

れんこん 肉詰め レンコン レシピ

まずレンコンは皮をむき、水でこすり洗いをします。

【調理のポイント】
レンコンは、皮をむいた後に水でこすり洗いをすると、酢水につけなくても変色しにくくなります。

レンコンの色止めには酢水がよく使われますが、酢の香りがレンコンに移ってしまうため、浜内さんは水だけで済ませているそうです。

酢水を使った場合とくらべ、効果が若干弱まりますが、水でさっとこすり洗いするだけでも、レンコンの変色はある程度防げます。
(冒頭の出来上がり写真のレンコンは、皮をむいて長時間置いてしまったため、表面が少し変色してしまいました。)

れんこん 肉詰め レンコン レシピ

レンコンを水で洗ったら、穴の中に肉ダネを詰めます。

上の写真のように、レンコンの穴が開いている面を下にして持ち、肉ダネに押しつけると同時に手でギュっとひねると、とても簡単に詰めることができます。

この後の工程は分かりやすいと思いますので、レシピを参考にしてください。

れんこん 肉詰め レンコン レシピ

シャキシャキとしたレンコンに甘辛いタレが絡んだ、満足度の高いおかずができます。

あっさりとして物足りなくなりがちなレンコンですが、少し多めの油を使って焼き、ちょっと甘めの濃い味付けをすることで、ほど良いこってり感が加わります。

ご飯がすすみますよ。

関連レシピ