平野レミさんのザーサイの作り方。キャベツの芯を使った手作りレシピ。

投稿日:2017年3月14日 更新日:

ザーサイの作り方(漬け方)

普段捨ててしまいがちなキャベツの芯を使った、簡単おかずレシピをご紹介します。

料理愛好家の平野レミさんが考案した「まるでザーサイ」です。

味付けに使うのは、醤油・砂糖・ごま油など身近な調味料です。
電子レンジで1分半チンするだけで、まるでザーサイのような、ご飯に合うおかずができますよ。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」 2017年3月11日放映)

まるでザーサイの作り方

ザーサイの作り方

「まるでザーサイ」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間15分】
キャベツの芯 1個分(約70g)
白ゴマ 適量
A
赤唐辛子(小口切り) 1/2本分
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
ゴマ油 大さじ1/2
大さじ1/2
作り方
  1. キャベツの芯を2〜3ミリの薄切りにする。
    Aを耐熱ボールに入れ、よく混ぜる。
    耐熱ボールを耐熱皿の中央にのせ、そのまわりにキャベツの芯を並べる。
  2. 1にふんわりとラップをし、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱する。Aの入った耐熱ボールにキャベツの芯を混ぜ、10分ほど置く。
  3. 2を器に盛り、白ゴマを振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

まるでザーサイの作り方

手作りザーサイの味付け
【工程1・2】
まずキャベツの芯を、2〜3ミリの薄切りにします。
そしてA(赤唐辛子・醤油・砂糖・ゴマ油・水)を耐熱ボールに入れ、よく混ぜます。

次に上の写真のように、Aの入った耐熱ボールを耐熱皿の中央にのせ、そのまわりにキャベツの芯を並べます。

この状態でラップを全体にふんわりとかぶせ、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱します。


ザーサイの作り方
レンジでチンしたら、Aの入った耐熱ボールにキャベツの芯を入れ、よく混ぜます。

そして10分ほど置き、味を馴染ませたらできあがり。
皿に盛って白ゴマを振ります。


手作りザーサイ
使用する食材がキャベツの芯なので、ザーサイそのものとまではいきませんが、味も食感もけっこうザーサイっぽいですよ。

捨ててしまう野菜を使って簡単に作れることを考えると、すごく良いレシピだと思います。

ご飯のお供やビールのおつまみにおすすめです。

関連レシピ