肉そぼろのレシピ。アレンジも自由自在!にんにく風味の簡単な作り方。

投稿日:2017年3月27日 更新日:

ひき肉そぼろ

料理に幅広く使える、便利な肉そぼろのレシピをご紹介します。

料理研究家の栗原心平さんが考案した「肉そぼろ」です。

ニンニクの風味をいかした、コクのある美味しいそぼろです。

冷凍すると、1ヶ月ほど日持ちします。
調理時間は7分です。

(一部情報元:テレビ東京「男子ごはん」2017年3月26日放映)

肉そぼろの作り方

ひき肉そぼろ

「肉そぼろ」のレシピです。

材料【調理時間7分】
合いびき肉(※) 600g
ニンニク 1片
ショウガ 1片
サラダ油 大さじ1
A
醤油 大さじ3
みりん 大さじ1と1/2
大さじ1
砂糖 大さじ1
味噌 小さじ2

※豚ひき肉でもOK。

作り方
  1. ニンニクとショウガはみじん切りにする。Aを混ぜる。
  2. 熱したフライパンにサラダ油を引き、ニンニクとショウガを強火で炒める。
    香りが出てきたら合いびき肉を加え、強火でほぐしながら炒める。
    肉の色が変わってきたらAを加え、水気が無くなり油が透明になるまで炒める。
  3. 2を冷凍保存する場合は、バットに広げて冷まし、小分けにしてラップをし、保存用袋に入れる。
    (冷凍保存すると1ヶ月ほど日持ちする。)

このそぼろは冷凍保存が効くので、作り置きできる少し多めの分量になっています。

ひき肉そぼろの作り方

加熱の際の火加減は、ニンニクやショウガを炒める段階からずっと強火です。

上の写真のように、汁気が無くなり油が透明になったら完成です。

肉そぼろ

ニンニクのほのかな風味のあるコクのある肉そぼろができます。

味付けは保存用に少ししっかりめですが、甘さ控えめなので、料理に使いやすいです。

野菜炒めや卵料理にちょい足ししたり、カレーやチャーハンの具にしたりと、いくらでもバリエーションが増やせそうです。

肉そぼろ弁当

ご飯や麺にかけて食べたり、そぼろ弁当にするのもおすすめです。

関連レシピ