雲白肉風おつまみのレシピ。栗原心平さんのゆで豚香味だれ。

投稿日:2017年3月30日 更新日:

雲白肉(ウンパイロー)

お酒のおつまみにぴったりでご飯にもよく合う、簡単おかずレシピをご紹介します。

料理研究家の栗原心平さんが考案した「茹で豚とニラの香味だれ」です。

「雲白肉(ウンパイロー)」という中華料理の前菜風に仕上げたお料理で、あっさりとした茹で豚にパンチの効いた香味だれがよく合います。

調理時間は7分です。

(一部情報元:テレビ東京「男子ごはん」おつまみSP簡単中華 2017年3月19日放映)

雲白肉風おつまみの作り方

雲白肉(ウンパイロー)

「茹で豚とニラの香味だれ」のレシピです。

材料【2〜3人分:調理時間7分】
豚バラ肉(焼肉用) 250g
豆モヤシ 1袋
ニラ 1束
大さじ2
適量
卵黄 1個
香味だれ
おろしニンニク 1片分
おろしショウガ 1片分
醤油 大さじ2
ゴマ油 大さじ1
大さじ2/3
砂糖 大さじ1/2
オイスターソース 小さじ2
作り方
  1. ニラは5センチの長さに切る。香味だれの材料を混ぜる。
  2. 鍋に湯(適量)を沸かして塩を加え、ニラをさっと茹でる。
    冷水に取って水気をしっかり絞り、香味だれ(大さじ1)を混ぜる。
  3. 別の鍋に湯(800cc)を沸かして塩(小さじ1)と酒を加え、豚肉を茹で、色が変わったら取り出す。
    同じ湯で豆モヤシを茹で、水気をしっかり切る。
  4. 皿の外側にモヤシを盛り、その上に豚肉をのせる。
    中央にニラを盛り、その上に卵黄をのせる。香味だれを添えたらできあがり。

作り方はとても簡単です。

豚肉とモヤシとニラをさっと茹で、香味だれを添えたら完成です。

雲白肉(ウンパイロー)

調理のポイントは、豚肉とモヤシとニラの茹で方にあります。

2つの鍋に湯を沸かし、モヤシとニラを別々に茹でます。
モヤシの豆臭さとニラの青臭さが、他の食材に移らないようにするためです。

具体的には、まず1つめの鍋に湯(適量)を沸かし、塩(適量)を加え、ニラをさっと茹でます。(写真上)
そして2つめの鍋に湯(800cc)を沸かし、塩(小さじ1)と酒(大さじ2)を加え、先に豚肉を茹で、その後に同じ湯でモヤシを茹でます。(写真下)

どれも短時間でさっと茹で上げます。
特に肉は、加熱し過ぎない方がいいです。
色が変わり、ぎりぎり火が通ったくらいのタイミングで引き上げた方が、柔らかい食感に仕上がります。

モヤシとニラは、シャキシャキ感が残る程度の加熱にとどめると良いと思います。

雲白肉(ウンパイロー)

ニンニクとショウガの風味が効いた香味だれが食欲をそそる一品です。

これだけで1食分のおつまみ&おかずになりますよ。

関連レシピ