お弁当の簡単おかずレシピ。ミシュラン店のつくね丼弁当。

投稿日:2017年4月13日 更新日:

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 つくね

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。

今日のメニューは次の3品です。

メニュー
  1. ミシュラン店のシェフ、村田明彦さんの「つくねの照り焼き丼」
  2. 味付け卵
  3. かぼちゃのサラダ

村田さんの「つくねの照り焼き丼」は、豆腐と春雨をつくねに混ぜるので、食感がとても柔らかく、お弁当にもおすすめです。
付け合わせのししとうも一緒に、お弁当箱に詰めます。

「味付け卵」は、ゆで卵を好みの調味料(めんつゆ・白だし・味噌・焼肉のたれなど)と合わせてビニール袋に入れ、冷蔵庫に一晩置くだけ。前日の夜に仕込みます。

「かぼちゃのサラダ」は、カボチャをレンジでチンして、マヨネーズとハーブソルトで味付けするだけ。片手間で作れます。

つくね丼の作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 つくね

まず最初にご紹介するのは、「つくねの照り焼き丼」のレシピです。

オリジナルレシピは、上の写真のように最後に卵黄をトッピングしますが、お弁当用は「味付け卵」(作り方は後で紹介)で代用します。

材料【2人分:調理時間17分】
つくね
豚ひき肉 200g
豆腐 100g
春雨(もどしたもの) 40g
長ネギ 20g
おろしショウガ 5g(小さじ1程度)
醤油 大さじ1/2
ラー油 少々
片栗粉 大さじ1
たれ
大さじ3
みりん 大さじ2
醤油 大さじ1と1/2
ご飯 2人分
ししとう 4本
卵黄(※) 2個
サラダ油 少々

※オリジナルレシピは卵黄をトッピングしますが、お弁当用には使いません。
ちなみにオリジナルレシピは、こちらの記事で詳しく説明しましたので、宜しければ合わせてご覧ください。

作り方
  1. 豆腐はキッチンペーパーで包み、重しをして10分ほど水切りする。春雨はざく切りにし、長ネギはみじん切りにする。
  2. つくねの材料すべてを粘りが出るまで混ぜ、一口大の小判型に成形する。
  3. 熱したフライパンにサラダ油を引き、2の両面を焼く。肉に火が通ったら、ししとうとたれの材料すべてを加え、少し煮詰める。
  4. ご飯をお弁当箱に詰め、3のつくねとししとうを詰め、タレをかけたらできあがり。(オリジナルレシピは、この後に卵黄をトッピングしますが、お弁当用には使用しません。)

豆腐の水切りは、豆腐をキッチンペーパーで包み、上に何か重みのあるものをのせ、10分置くだけでOKです。

ちなみに水切りが面倒な場合は、水切りは一切せずに、片栗粉の量を少し増やすだけでも良いそうです。

つくね レシピ  作り方 人気 たれ

このつくね丼は、たれの汁気があるので、汁もれしない丼用のお弁当箱に詰めるか、もしくは完全にたれを煮切って、つくねに絡めてしまうのがおすすめです。

たれを煮切る場合は、最初にたれをつくねにさっと絡め、つくねだけをいったん取り出し、たれを煮詰めて少なくしてから、つくねを戻し入れるといいですよ。

食感がふんわりと柔らかい、とても美味しいつくねが出来ます。

(レシピ情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2017年4月12日放映)

その他のおかずの作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 つくね

今日のお弁当は、村田さんの「つくねの照り焼き丼」に、「味付け卵」と「かぼちゃのサラダ」を添えました。

「味付け卵」は、ゆで卵と好みの調味料(めんつゆ・白だし・味噌・焼肉のたれなど:各適量)をビニール袋に入れ、袋の中の空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫に一晩置くだけで完成します。
前日の夜に仕込んでおきます。

「かぼちゃのサラダ」は、かぼちゃを食べやすい大きさに切り、水(少々)を振りかけてラップをし、電子レンジ(600w)で100gにつき2分加熱します。
そしてマヨネーズとハーブソルト(各適量)で味付けしたら完成です。
つくねを焼いている間に作れますよ。

関連レシピ