片栗粉を使ったわらび餅のレシピ。豆乳の甘みをいかしたまろやかな味。

投稿日:2017年5月11日 更新日:

片栗粉わらび餅のレシピ

片栗粉と豆乳で作るわらび餅のレシピをご紹介します。

タレントの北斗晶さんが考案した「豆乳わらびもち」です。

片栗粉と豆乳でつくると言われても、あまり味が想像できないかもしれません。
でも、実は意外と美味しいんです。

片栗粉をよく混ぜながら火にかけることで食感が柔らかくなり、また豆乳を加えることで味がまろやかになります。

豆乳のクセもほとんどなく、食べやすいわらび餅です。
子供も喜びますよ。

調理時間はわずか5分です。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」シュフの副菜 2017年5月10日放映)

片栗粉わらび餅の作り方

片栗粉わらび餅のレシピ

「豆乳わらびもち」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
調整豆乳 300ml
片栗粉 大さじ3
砂糖 大さじ1
きな粉 適量
ハチミツ 適量
作り方
  1. 豆乳・片栗粉・砂糖を小鍋に入れ、よく混ぜて火にかける。ヘラで混ぜながらとろみをつける。
  2. 1をスプーンですくって氷水に取り、水気を切る。
  3. 2を皿に盛り、きな粉とハチミツをかけたらできあがり。

片栗粉わらび餅のレシピ

豆乳と片栗粉と砂糖を鍋に入れ、ヘラで混ぜながら加熱すると、写真右のように柔らかいとろみがつきます。

これを写真左のようにスプーンですくって氷水に取り、水気を切って皿に盛ったらできあがりです。

片栗粉わらび餅のレシピ

きな粉とハチミツをかけていただきます。

ごく普通のわらび餅のように、黒蜜をかけてももちろんOKです。
でも、豆乳のクリーミーさをいかしたこのわらび餅は、ハチミツの優しい風味もよく合います。

本物のわらび餅よりも味がまろやかで、食感もとても柔らかいので、子供はむしろこちらの方が喜ぶと思います。
豆乳のクセっぽさも殆ど感じません。

また何よりも、身近な食材だけで思い立ったらすぐに作れるところがいいですよ。
時間があったら冷蔵庫に入れ、冷やして食べるのがおすすめです。


ところで最後にもう1品、とても面白いわらび餅のレシピをご紹介します。
家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「プルプルわらび餅風スイーツ」です。

このわらび餅は、くずも片栗粉も使いません。

代わりに使うのは長芋。
そして黒蜜をコーラで、きな粉を節分の豆で作ります。

すごく変わったレシピですが、一緒に食べると、不思議なことにちゃんとわらび餅になります。

北斗さんのレシピも家事えもんのレシピも、どちらもおすすめですよ。

関連レシピ