バゲットサンドのレシピ。栗原心平さんのいわしサンド。

投稿日:2017年8月15日 更新日:

いわしのバゲットサンド

イワシを使ったさっぱりとしたバゲットサンドのレシピをご紹介します。

料理研究家の栗原心平さんが考案した「イワシのバゲットサンド」です。

レモンとナンプラーの風味をいかした、エスニック風のサンドイッチです。

調理時間は10分です。

(一部情報元:テレビ東京「男子ごはん」夏のランチ 2017年8月13日放映)

バケットサンドイッチの作り方

いわしのバゲットサンド

「イワシのバゲットサンド」のレシピです。

材料【2個分:調理時間10分】
イワシ切り身(※) 6枚(3尾分)
セロリ 10センチ(50g)
紫玉ネギ 1/4個(50g)
キュウリ 1/2本(30g)
ニンニク 1/3片
スペアミント 3g
バゲット 15センチ2本
適量
バター 適量
A
ナンプラー 大さじ1/2
レモン汁 1/2個分
オリーブオイル 小さじ1
黒コショウ 適量

※3枚におろしたものを使用。

作り方
  1. イワシに塩を振り、魚焼きグリルでこんがりと焼く。
  2. セロリ・紫玉ネギ・キュウリ・ニンニク・スペアミントをみじん切りにし、Aを混ぜる。
  3. バゲットを横半分に切り、トースターで焼き、切り口にバターを塗る。
    1と2を挟んだらできあがり。

いわしのバゲットサンド
このバゲットサンドの具材は2種類あります。

1つは魚焼きグリルで焼いたイワシです。(写真右)

もう1つは、野菜(セロリ・紫玉ネギ・キュウリ・ニンニク・スペアミント)をみじん切りにして、A(ナンプラー・レモン汁・オリーブオイル・黒コショウ)を混ぜたものです。(写真左)

これらを、トースターで焼いてバターを塗ったバゲットで挟んだら完成です。

【調理のポイント】
レモン汁やミントの生葉を使うと、イワシの臭みが消え、さっぱりとした味に仕上がります。

いわしのバゲットサンド

酸味の効いた爽やかな野菜のマリネが、香ばしく焼いたイワシと絶妙にマッチします。

このバゲットサンドは、ベトナムのバインミーを少し優しくしたような味付けで、蒸し暑い夏にも美味しくいただけますよ。

関連レシピ