たまごサンドの簡単レシピ。電子レンジで3分で完成。

投稿日:2017年9月16日 更新日:

簡単たまごサンド

卵サンドの超時短レシピをご紹介します。

バタコやんこと、お笑いコンビ シンクロックの吉田結衣さんが考案した「3分で本格卵サンド」です。

卵はレンジで加熱するので、調理時間はたったの3分です。

ごく普通のゆで卵の卵サンドとくらべると、卵の食感がふんわり軽いのが特徴です。
忙しい朝のお弁当作りに重宝しますよ。

ちなみにバタコやんは、パンシェルジュ2級の資格を持つパンのスペシャリストです。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」坂上忍の得ワザ 2017年9月14日放映)

卵のサンドイッチの作り方

簡単たまごサンド

「3分で本格卵サンド」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2個分:調理時間3分】
食パン(4枚切り) 1枚
2個
バター 少々
マヨネーズ 大さじ2(24g)
少々
作り方
  1. 卵を耐熱ボールに入れ、フォークで軽く混ぜる。ラップをせずに電子レンジ(600w)で50秒加熱する。
    いったん取り出してかき混ぜ、再びラップをせずに20秒加熱する。
  2. 1にマヨネーズと塩を混ぜる。
  3. パンを2等分し、断面に包丁で切れ目を入れ、内側にバターを塗る。
  4. パンに2を挟んだらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

卵のサンドイッチの簡単な作り方

簡単たまごサンド

【工程1】
最初に卵をレンジでチンします。

まず卵(2個)を耐熱ボールに割り入れ、フォークで軽く混ぜます。
そしてラップをせずに電子レンジ(600w)で50秒加熱します。

【調理のポイント】
卵は軽く混ぜます。

卵をあまり溶き過ぎないようにすると、黄身と白身の食感の差が出て美味しくなります。


簡単たまごサンド

50秒レンジでチンすると、卵が少し固まります。

これを加熱ムラが出来ないようにフォークで混ぜ、再びラップをせずに電子レンジ(600w)で20秒加熱します。

【調理のポイント】
卵は加熱ムラをなくすために、2度に分けてレンジでチンします。

簡単たまごサンド

20秒加熱すると、卵がだいたい固まります。

私が試したところでは、Mサイズの卵(正味50g)を使うと、この段階でかたゆで卵くらいの固さになります。(上の写真)

卵の固まり具合は、卵の大きさやレンジの機種によって若干変わりますので、卵がゆるすぎると思ったら再びレンジでチンしてください。
また逆に、家で食べるので半熟くらいにしたいという場合は、少し加熱時間を加減してみてください。


簡単たまごサンド

【工程2】
卵が好みの固さになったら、マヨネーズ(大さじ2)と塩(少々)を混ぜます。

味付けはシンプルになっていますので、お好みでコショウや砂糖(少々)などを足すといいですよ。


簡単たまごサンド

【工程3】
最後に卵をパンで挟みます。

まず食パン(1枚)を2等分し、断面に包丁で切れ目を入れます。(写真右)
そして切れ目の内側にバターを塗ります。

パンの切れ目に卵を詰めたらできあがり。(写真中央)


簡単たまごサンド

この卵サンドは、パンの切れ目に卵を詰めるようになっているので、半熟の柔らかい卵でも食べやすいです。
ただお弁当にする場合は、卵はしっかり加熱して使ってください。

かたゆで卵の固さになるまでレンジでしっかり加熱した卵は、ゆでた卵とくらべると、少し軽い食感になります。
レンジでチンする際に水分が少し抜けるので、しっとり感がやや欠けます。

でもちゃんと卵サンドになりますし、何よりも調理がすごく簡単です。
忙しい時に便利なレシピですよ。

関連レシピ