ご飯のお供のレシピ。サイゲン大介さんのエビフライふりかけ

投稿日:2017年9月29日 更新日:

エビフライふりかけ

ご飯のお供の簡単レシピをご紹介します。

サイゲン大介こと、お笑いコンビ うしろシティの阿諏訪泰義さんが考案した「食べてびっくり!エビフライ生ふりかけ」です。

むきえびとかっぱえびせんを使った一風変わったふりかけで、エビフライのような味がします。

オーブントースターを使って4分で作れます。

ちなみにサイゲンさんは元プロの料理人で、料理本「リストランテasuwa」の著者でもあります。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」2017年9月28日放映)

エビフライふりかけの作り方

エビフライふりかけ

「食べてびっくり!エビフライ生ふりかけ」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1〜2人分:調理時間4分】
むきエビ 40g
中濃ソース 小さじ2
かっぱえびせん 10g
パン粉 大さじ2
サラダ油 小さじ2
作り方
  1. むきエビを包丁で細かく刻み、中濃ソースを混ぜる。
  2. アルミホイルの上にサラダ油(小さじ1)を塗り、1を広げる。
  3. かっぱえびせんとパン粉をポリ袋に入れ、指でかっぱえびせんを潰す。
  4. 3を2の上に広げ、さらにその上にサラダ油(小さじ1)を回しかける。
  5. 4をオーブントースター(200度)で2分加熱したらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

エビフライふりかけの作り方

エビフライふりかけ

【工程1・2】
まずむきエビ(40g)を包丁で細かく刻み、中濃ソース(小さじ2)を混ぜます。

そしてアルミホイルの上にサラダ油(小さじ1)を塗り、エビとソースを混ぜたものを広げます。(上の写真)


ふりかけ ご飯のお供 レシピ

【工程3・4・5】
続いてかっぱえびせん(10g)とパン粉(大さじ2)をポリ袋に入れ、指でかっぱえびせんを潰します。

そしてそれをエビの上にのせ、その上にサラダ油(小さじ1)を回しかけます。(上の写真)

これをオーブントースター(200度)で2分加熱したらできあがりです。


エビフライふりかけ

かっぱえびせんの香ばしさとサクサク感がアクセントになった、エビフライ風味のふりかけが出来ます。

お味の方は少し甘めです。
子供が喜びそうな味ではありますが、全体的に少しぼんやりとした感じなので、ネギなどの薬味を添えたり、また唐辛子のような辛さをプラスしても良いと思います。
味付けはいくらでもアレンジが効きますよ。

関連レシピ