ご飯のお供のレシピ。サイゲン大介さんの油淋鶏ふりかけ。

投稿日:2017年9月29日 更新日:

油淋鶏ふりかけ

ご飯のお供の簡単レシピをご紹介します。

サイゲン大介こと、お笑いコンビ うしろシティの阿諏訪泰義さんが考案した「食べてビックリ!油淋鶏生ふりかけ」です。

鶏ひき肉とせんべいを使った一風変わったふりかけで、油淋鶏(ユーリンチー)の味がします。

オーブントースターを使って5分で作れます。

ちなみにサイゲンさんは元プロの料理人で、料理本「リストランテasuwa」の著者でもあります。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」2017年9月28日放映)

油淋鶏ふりかけの作り方

油淋鶏ふりかけ

「食べてビックリ!油淋鶏生ふりかけ」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1〜2人分:調理時間5分】
鶏ひき肉 50g
薄焼きせんべい 2袋(4枚)
サラダ油 小さじ2
ソース
長ネギ 5センチ
中華ドレッシング 大さじ2
作り方
  1. アルミホイルにサラダ油(小さじ1)を塗り、鶏ひき肉を広げる。
  2. 薄焼きせんべいをポリ袋に入れ、手で細かく砕き、1の上に万遍なくかける。さらにサラダ油(小さじ1)を回しかける。
  3. 2をオーブントースター(200度)で3分加熱する。
  4. 【ソースを作る】長ネギを細かく刻み、中華ドレシングを混ぜる。
  5. 3の上に4をかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

油淋鶏ふりかけの作り方

油淋鶏ふりかけ

【工程1】
まずアルミホイルにサラダ油(小さじ1)を塗り、鶏ひき肉(50g)を広げます。


油淋鶏ふりかけ

【工程2・3】
続いて薄焼きせんべい(4枚)をポリ袋に入れ、手で細かく砕き、ひき肉の上に万遍なくかけます。さらにサラダ油(小さじ1)を回しかけます。(上の写真)

これをオーブントースター(200度)で3分加熱します。


油淋鶏ふりかけ

【工程4・5】
最後に刻んだ長ネギと中華ドレシングを混ぜてソースを作り、オーブントースターで焼いたものにかけたらできあがり。

せんべいのカリカリ感とネギの辛みがアクセントになった、油淋鶏風のふりかけができます。
中華ドレッシングの酸味とコク味もしっくりきます。

残ったせんべいの変わった食べ方としておすすめですよ。

関連レシピ