かぶの作り置きレシピ。伝説の家政婦 志麻さんのかぶとイチゴジャム和え。

投稿日:2017年11月5日 更新日:

かぶの作り置き

かぶを使った簡単な作り置きレシピをご紹介します。

伝説の家政婦こと、家事代行サービスタスカジ

の人気スタッフ、タサン志麻さんが考案した「カブとイチゴジャムの和え物」です。
いちごジャムで甘酸っぱいドレッシングを作り、薄切りにしたかぶを和えた、さっぱりとしたお料理です。

調理時間は4分です。

ちなみに志麻さんは元フレンチのシェフで、「プレミアムな作りおき」という常備菜のレシピ本の著者でもあります。

(一部情報元:日本テレビ「沸騰ワード10」2017年11月3日放映)

カブとイチゴジャム和えの作り方

かぶの作り置き

「カブとイチゴジャムの和え物」のレシピです。

材料【2人分:調理時間4分】
かぶ 2個
少々
ドレッシング
いちごジャム 大さじ1
白ワインビネガー(または酢) 大さじ1
塩・コショウ 各少々
オリーブオイル(またはサラダ油) 大さじ1
作り方
  1. かぶは皮をむいて薄い半月切りにし、塩で軽く揉み、しばらく置く。
  2. ドレッシングの材料を混ぜ、味見して好みで味を調整する。
  3. かぶの水気を絞り、2を混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

かぶの常備菜の作り方

カブとイチゴジャムの和え物の作り方

【工程1・2】
まずかぶ(2個)を薄い半月切りにし、塩(少々)を加えて軽く揉み、しばらく置きます。(写真右)
かぶに葉がついていたら、好みで少し混ぜると、見た目がきれいです。

次にドレッシングの材料(いちごジャム大さじ1・白ワインビネガー大さじ1・塩コショウ各少々・オリーブオイル大さじ1)を混ぜ、味見して好みで調味料を補います。
ジャムや酢の種類によって甘さや酸味の違いがあるので、味を見ながら調味料を混ぜるのがおすすめだそうです。


かぶの作り置き

【工程3】
かぶの水気を絞り、ドレッシングを混ぜたらできあがり。

いちごジャムのほのかな甘酸っぱさが、かぶのふっくらとした自然な甘みとよく合います。
彩りもとてもきれいで、いちごジャムの鮮やかな赤色が見た目のアクセントになります。

このドレッシングは、カブだけでなく、白身魚の刺し身やホタテなどの貝類とも相性が良いそうです。

ところで当サイトでは、志麻さんのレシピを他にもいくつか紹介しています。
鶏ハム」と「シューファルシ(ロールレタス)」と「鶏手羽元のマスタード焼き」と「里芋グラタン」と「塩さばの白ワイン煮」と「コールスロー」もおすすめです。

「鶏ハム」は安い鶏むね肉で作ります。しっとりジューシーな鶏ハムに、トマトや大葉の風味をいかした爽やかなソースがよく合います。調理時間は25分です。
「シューファルシ」は、フランス風のロールキャベツのことで、キャベツの代わりにレタスで作ります。レタスと肉だねの食感が良く、シンプルで飽きの来ない味付けです。煮込みには1時間かかりますが、下準備は7分で済むので、ほぼほったらかしでOK。ラクチンです。
「鶏手羽元のマスタード焼き」は、マスタードの風味をいかした子供も喜ぶ親しみやすい味付けで、フライパン1つで作れます。柔らかくてとても食べやすいです。調理時間は20分です。
「里芋グラタン」は、ホワイトソースの代わりに里芋のとろみを使った、ほっとするような味わいの和風グラタン。オーブンを使わずグリルで焼き上げます。調理時間は30分です。
「塩さばの白ワイン煮」は、塩さばを使った簡単料理で、たったの8分で作れます。レモンと白ワインの爽やかな酸味が、脂ののった塩さばと絶妙にマッチします。
「コールスロー」は、夏にぴったりのさっぱりした味付けが特徴です。めんつゆを使った和テイストのコールスローができます。調理時間は10分です。

また志麻さんと並ぶ、家事代行サービスタスカジ

の人気スタッフ、中尾孝子さんが考案した「アスパラの揚げ春巻き」のレシピも紹介しています。
アスパラとベーコンとチーズを包んだおやつ感覚で食べられる春巻きで、アスパラガスのにおいが苦手な方でも食べやすいレシピになっています。調理時間は15分。リンク先も合わせてご覧ください。

関連レシピ