ピーナッツ鍋のレシピ。ピーナッツ博士のかんたん健康料理。

投稿日:2017年11月6日 更新日:

健康に良いピーナッツ鍋

ピーナッツを使ったヘルシーな料理のレシピをご紹介します。

日本のピーナッツ研究の第一人者、慶応大学教授の井上浩義さんが考案した「ピーナッツ鍋」です。

ピーナッツの栄養をいかした優しい味わいの鍋料理で、たったの5分で作れます。

このお鍋は、井上さんのお宅の定番だそうです。

ちなみに井上さんは「ピーナッツパワー」というピーナッツの料理本を執筆しています。

(一部情報元:NHK「あさイチ」はじめよう!ピーナッツライフ 2017年11月6日放映)

ピーナッツ鍋の作り方

NHKのあさイチのピーナッツ鍋

「ピーナッツ鍋」のレシピです。

材料【4人分:調理時間5分】
鶏むね肉 320g
白菜 220g
にんじん 60g
小松菜 80g
豆腐 1丁
適量
つゆ
ピーナッツパウダー(※) 20g
かつおだし 400ml

※薄皮つきのピーナッツを粉状にしたものがおすすめ。

作り方
  1. 鶏肉・白菜・小松菜・豆腐は食べやすい大きさに切り、ニンジンはピーラーで薄く細長く切る。
  2. つゆの材料を鍋に入れ、鶏肉・野菜・豆腐を加え、さっと火を通す。
  3. 塩で味を整えたらできあがり。

ちなみにピーナッツパウダーは、市販品を使っても美味しく作れますが、薄皮のついたピーナッツをフードプロセッサーにかけるなどして手作りすると、美容や健康により良いお料理になるとのこと。
ピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールは、強い抗酸化作用があり、活性酸素から細胞を守ってくれるそうです。

上のレシピはつゆの量が少し控えめになっていますので、好みで足してください。

NHKのあさイチのピーナッツ鍋
ところで井上さんによると、粉末のピーナッツを料理に使うメリットは3つあります。

1つめは、ピーナッツに含まれるポリフェノール(薄皮つきだけに含まれる)やビタミンEといった栄養の吸収が良くなること。

2つめは、つゆに植物性脂肪が加わるので、鶏むね肉がぱさつかず、しっとり仕上がること。
ただしあまり加熱しすぎると硬くなりますので、さっと火を通す程度にとどめることをおすすめします。

3つめは風味が増すことです。

優しいコク味のある風味の良い鍋が出来ます。
使用するピーナッツの量は少しなので、ピーナッツを使っていることは言われないと分からないと思います。
飽きの来ないさっぱりとした一品ですよ。

※井上さんが考案したピーナッツ料理「小魚ピーナッツ味噌和え」も紹介しました。
ピーナッツと一緒に小魚の栄養も摂れる健康に良いお料理です。リンク先も合わせてご覧ください。

関連レシピ