小魚のピーナッツ味噌和え。ピーナッツ博士のかんたん健康料理。

投稿日:2017年11月6日 更新日:

NHKのあさイチの小魚ピーナッツ味噌和えとピーナッツドレッシング

ピーナッツを使ったヘルシーな料理のレシピをご紹介します。

日本のピーナッツ研究の第一人者、慶応大学教授の井上浩義さんが考案した「小魚ピーナッツ味噌和え」です。

ピーナッツの栄養をいかした滋味豊かなお料理で、材料を混ぜるだけで完成します。

ご飯のお供やおつまみにおすすめです。

ちなみに井上さんは「ピーナッツパワー」というピーナッツのレシピ本を執筆しています。

(一部情報元:NHK「あさイチ」はじめよう!ピーナッツライフ 2017年11月6日放映)

小魚のピーナッツみそあえ

NHKのあさイチの小魚ピーナッツ味噌和え

「小魚のピーナッツみそあえ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
煮干し 30g
A
ピーナッツパウダー(※) 大さじ1
味噌 大さじ1
みりん 少々
砂糖 好みで少々

※薄皮つきのピーナッツを粉状にしたものがおすすめ。

作り方
  1. 煮干しは好みではらわたを取る。
  2. 材料すべてを混ぜ、冷蔵庫に一晩入れて味を馴染ませたらできあがり。

煮干しのはらわたが気になる場合は、取ってから使ってください。

ちなみにピーナッツパウダーは、市販品を使っても美味しく作れますが、薄皮のついたピーナッツをフードプロセッサーにかけるなどして手作りすると、より美容や健康に良いお料理になるとのこと。
ピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールは、強い抗酸化作用があり、活性酸素から細胞を守ってくれるそうです。

お味の方は濃厚な旨味とコクがあり、ご飯が進みます。
塩気をしっかり効かせた味付けになっているので、おつまみにするなどそのまま食べたい場合は、お好みでピーナッツと味噌の量を加減するといいですよ。

冷蔵庫で日持ちするので、常備菜としてもおすすめです。

※井上さんが考案したピーナッツ料理「ピーナッツ鍋」も紹介しました。
ピーナッツの栄養をいかした優しい味わいの鍋料理で、わずか5分で作れます。

関連レシピ