サイコロステーキの節約&簡単レシピ。北斗晶さんのボリュームおかず。

投稿日:2017年11月15日 更新日:

サイコロステーキ

サイコロステーキの節約&簡単レシピをご紹介します。

タレントの北斗晶さんが考案した「なんちゃってサイコロステーキ」です。

このサイコロステーキは、厚切り肉を使いません。その代わりに使用するのは、安い切り落とし肉。
切り落とし肉を厚揚げに巻きつけ、ボリュームアップします。

6分程度の調理時間で、本物そっくりの豪華なお料理が出来ます。食べ応えも十分ありますよ。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」シュフの副菜 2017年11月14日放映)

サイコロステーキの作り方

サイコロステーキ

「なんちゃってサイコロステーキ」のレシピです。

レシピの全工程は、のちほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間6分】
牛切り落とし肉 100g(※)
厚揚げ 1枚
薄力粉 適量
サラダ油 適量
焼肉のたれ 大さじ3
マヨネーズ 適量
七味唐辛子 適量
レタス 好みで適量

※牛肉は大きさによって使用量が少し変わってくるので、余裕をもってレシピの倍量(200g)くらい用意することをおすすめします。詳しくは下の文中をご覧ください。

作り方
  1. 厚揚げは9等分し、フォークで穴をあける。焼き肉のたれ(大さじ1)を絡め、牛肉を巻き、薄力粉をまぶす。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、1の表面全体をこんがりと焼き、焼肉のたれ(大さじ2)を絡める。
  3. 2とレタスを皿に盛り、マヨネーズと七味唐辛子を添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

サイコロステーキの作り方

サイコロステーキの作り方
【工程1】
まず厚揚げ(1枚)を9等分し、フォークで穴を空けます。(写真上)
穴はたくさん空ければ空けるほど、味が染みやすくなります。

次に厚揚げに焼き肉のたれ(大さじ1)を絡めます。(写真左)

続いて厚揚げに牛肉を巻き、厚揚げが完全に見えなくなるようにします。
そして表面に薄力粉(適量)をまぶします。(写真右)

【調理のポイント】
厚揚げはフォークで穴をあけると、味が染み込みやすくなります。

また牛肉に薄力粉をまぶすと、牛肉がはがれにくくなり、肉の旨味を閉じ込めるのでジューシーになり、味が絡みやすくなります。

ちなみにこのレシピの牛肉の量は、かなりぎりぎりです。
ひとくちに切り落としと言っても、肉の大きさがかなり細かいものもあり、そういう場合は厚揚げを完全に包むのに、もう少し量が必要になることもあります。
ですから牛肉は、念のためレシピの倍量(200g)くらい用意することをおすすめします。牛肉の量を増やしたら、最後の味付け(焼肉のたれ)の量も少し増やしてください。


サイコロステーキの作り方
【工程2】
次にフライパンにサラダ油(適量)を熱し、転がしながら全面をこんがりと焼きます。

ちなみに火力は、弱めの中火から中火くらいがおすすめです。あまり強過ぎない方がいいですよ。


サイコロステーキの作り方
牛肉に火が通ったら、焼肉のたれ(大さじ2)を絡めます。これで完成です。


サイコロステーキ
サイコロステーキを皿に盛り、マヨネーズや七味唐辛子を添えていただきます。

このサイコロステーキは、食感が柔らかくて食べやすく、味も中までよく染みます。

焼肉のたれを使った味付けも、こってりとした旨味があっていいですよ。家族にも好評でした。あらためて焼肉のたれは、万能ですごいと思います。

サイコロステーキ弁当
調理が簡単ですし見た目が豪華なので、忙しい朝のお弁当作りにもおすすめです。

関連レシピ