卵と明太子のふりかけのレシピ。小田真規子さんのご飯のお供。

投稿日:2017年11月15日 更新日:

卵と明太子のふりかけ

卵と明太子を使った、6分でできるご飯のお供のレシピをご紹介します。

料理研究家の小田真規子さんが考案した「卵とめんたいこのふりかけ」です。

優しい旨味のあるマイルドな味わいの卵そぼろで、常備菜やお弁当にもおすすめです。

(一部情報元:NHK「あさイチ」2017年11月14日放映)

卵とめんたいこのふりかけの作り方

卵と明太子のふりかけのお弁当

「卵とめんたいこのふりかけ」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2〜3人分:調理時間6分】
明太子 1/2腹
2個
長ねぎ 1/4本
小さじ1/4〜1/3
大さじ1
作り方
  1. 明太子はスプーンで中身をかき出し、薄皮を取り除く。長ねぎはみじん切りにする。
  2. 小さめの鍋に卵を溶きほぐし、1・塩・酒を加え、中火にかける。
    菜箸4本で混ぜながら1分加熱し、火からおろして30〜40秒混ぜる。これを3〜4回繰り返す。
  3. 2をバットに広げて冷ましたらできあがり。冷蔵庫で1週間日持ちする。

写真をもとにレシピを説明します。

卵とめんたいこのふりかけの作り方

卵と明太子のふりかけの作り方
【工程1・2】
まず明太子(1/2腹)はスプーンで中身をかき出し、薄皮を取り除きます。そして長ねぎ(1/4本)はみじん切りにします。

次に小さめの鍋(もしくはフライパン)に卵(2個)を溶きほぐし、明太子・長ねぎ・塩(小さじ1/4〜1/3)・酒(大さじ1)を加え、中火にかけます。
そして菜箸4本を束にして混ぜながら、1分ほど加熱します。(上の写真)


卵と明太子のふりかけの作り方
1分経ったら火からおろし、菜箸で30〜40秒混ぜます。

そしてここまでの「1分火にかけて混ぜ、火からおろして30〜40秒混ぜる」という工程を3〜4回繰り返します。

【調理のポイント】
弱火でじっくり加熱し、菜箸4本を束にして混ぜると、きめの細かいきれいな卵そぼろが出来ます。

卵と明太子のふりかけの作り方
卵が固まったら完成です。

少しオレンジがかった、きれいな色の卵そぼろができます。

卵と明太子のふりかけ
明太子と長ねぎの風味が加わった飽きの来ない卵そぼろなので、常備菜としてもおすすめです。
冷蔵庫で1週間ほど日持ちします。

美味しくてすぐに無くなってしまうので、常備菜にする場合は、レシピの2倍量で作るのがおすすめですよ。

関連レシピ