サバストロガノフのレシピ。NHKあさイチで話題のサバ缶の人気料理。

投稿日:2017年12月14日 更新日:

サバ缶のサバストロガノフ

NHKの「あさイチ」で話題になった、サバ缶を使った人気料理をご紹介します。

東京銀座にあるサバ料理専門店「SABAR」の店長、宗元由加さんが考案した「サバストロガノフ」です。

牛肉の代わりにサバの味噌煮缶を使った、ビーフストロガノフならぬ「サバストロガノフ」です。

市販のトマトソースとデミグラスソースを使った超時短&節約レシピになっています。調理時間はわずか6分で、材料費は1人分180円です。

お味の方は長時間煮込んだようなまろやかな味わいが特徴で、サバの旨味がじんわりと溶け込んで美味しいですよ。

(一部情報元:NHK「あさイチ」2017年12月12日放映)

サバストロガノフの作り方

NHK あさイチ さばストロガノフ サバ缶ポテトサラダ レシピ

「サバストロガノフ」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2〜4人分:調理時間6分】
サバの味噌煮缶 1缶(150g)
玉ねぎ 1/2個
マシュルーム 4個
バター 10g
トマトソース缶 1缶(295g)
デミグラスソース缶 大さじ3
ご飯 2〜4人分
生クリーム 好みで適量
乾燥パセリ 好みで適量
作り方
  1. フライパンにバターを溶かし、薄切りにした玉ねぎとマッシュルームを炒める。
    玉ねぎがしんなりしたら、サバの味噌煮缶を汁ごと加える。サバの身をほぐしながら、サバの汁が焦げる寸前まで炒める。
  2. 1にトマトソースを加え、2分煮込む。さらにデミグラスソースを加え、1分煮込む。
  3. ご飯を皿に盛り、2をかける。好みで生クリームと乾燥パセリをかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

サバストロガノフの作り方

サバストロガノフの作り方
【工程1】
まずフライパンにバター(10g)を溶かし、薄切りにした玉ねぎ(1/2個)とマッシュルーム(4個)を炒めます。


サバストロガノフの作り方
玉ねぎがしんなりしたら、サバの味噌煮缶(1缶:150g)を汁ごと加え、サバの身をほぐしながら、サバの汁が焦げる寸前まで炒めます。

【調理のポイント】
牛肉の代わりにサバの味噌煮缶を使って、ビーフストロガノフならぬ「サバストロガノフ」を作ります。

サバの味噌煮を焦げる寸前まで炒めると、コクと香りが出て美味しくなります。

宗元さんによると、牛肉の代わりにサバの味噌煮缶を使うと「コクがあってパンチの効いた味に仕上がる」とのこと。
サバの味噌煮缶のこなれた味は、牛肉とはまた違った魅力があり、味に深みが出ます。
美容やダイエットや健康のために、サバ缶を積極的に食べる方が増えていますが、ちょっと変わったサバ缶のお料理としても参考になると思います。
ちなみにサバ缶の売上は、今年(2017年)過去最高を記録したようです。


サバストロガノフの作り方
【工程2】
サバを焦げる寸前まで炒めたら、トマトソース(1缶:295g)を加え、そのまま2分煮込みます。


サバストロガノフの作り方
さらにデミグラスソース(大さじ3)を加え、1分煮込みます。


サバストロガノフ
【工程3】
ご飯を皿に盛り、サバストロガノフをかけ、好みで生クリームと乾燥パセリをトッピングしたらできあがり。

サバの味噌煮のコクと旨味がじんわりと溶け込んだ、まろかな味わいの一品が出来ます。

長時間煮込んだような一体感があって美味しいですよ。

ちなみに当サイトでは、テレビで話題になったお料理を中心に紹介していますが、このサバストロガノフは、数あるサバ缶のレシピの中でとても人気があります。


サバストロガノフの作り方
この「サバストロガノフ」は、簡単に作れて保存も効くので、時間のある週末に作り置きしておくのもおすすめです。

冷蔵すれば5日くらいは十分日持ちします。

ところで当サイトでは、宗元さんが考案した「サバ缶ポテトサラダ」のレシピも紹介しています。
サバの味噌煮缶とポテトサラダを混ぜるだけで完成するお料理で、サバ缶のちょっと変わった食べ方としておすすめです。
調理時間はわずか40秒です。

関連レシピ