やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

投稿日:2018年1月23日 更新日:

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。

うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。

1パターンめは、糸こんにゃく(しらたき)を加えて茹でる方法です。
うどんと糸こんにゃくを一緒に茹でると、うどんの歯応えと弾力性(コシ)がアップします。
普通に茹でたうどんと「歯応え」や「弾力性」を比較すると、下の表のようになります。

糸こんにゃくの有無による変化(kPa)
NHK「あさイチ」より数値を引用

山田教授によると、うどんに糸こんにゃくを入れて茹でると、歯応えが16%良くなり、弾力性が13%アップするそうです。

ちなみに茹で上がったうどんは、こんにゃくと一緒に食べるのがおすすめだそうです。
こんにゃくが混ざっていても違和感はほぼありませんし、うどんを食べる量を減らすことができるので糖質オフにもなります。(うどんは糖質がとても多い食品です。)
もちろん少し手間をかければ、うどんとこんにゃくを分けて、うどんだけを食べることも出来ます。

さて2パターンめにご紹介するうどんの茹で方は、湯の量を最小限にして、フタをして蒸すように調理する方法です。
この方法で調理すると、うどんがモチモチの食感になります。

以上の2パターンはちょっと違った仕上がりになりますので、うどんの好みの茹で方を見つけてみてください。


(レシピ情報元:NHK「あさイチ」2018年1月15日放映)

糸こんにゃくを使ったうどんの茹で方

まずご紹介するのは、糸こんにゃく(しらたき)を使った乾麺うどんの茹で方です。

この方法で茹でると、うどんの歯応えと弾力性が増します。

材料【1〜2人分:調理時間10〜15分】
乾麺うどん 100g
糸こんにゃく(しらたき) 250g
2リットル

※糸こんにゃくの色は白でも黒でもOK。

作り方
  1. 糸こんにゃくと水を鍋に入れ、火にかける。
  2. 沸騰したら乾麺を加え、外袋に記載された時間通りに茹でたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず糸こんにゃく(250g)と水(2リットル)を鍋に入れ、火にかけます。

糸こんにゃくは袋から出して水気を切り、そのまま鍋に入れても臭みはほぼ出ませんが、気になる場合は、さっと水洗いしてから使ってください。

糸こんにゃくは火にかける前に加えます。



【工程2】
鍋が沸騰したら、うどんの乾麺(100g)を加え、外袋に記載された時間通りに茹でます。

これで完成です。



ちなみに山田教授のおすすめの食べ方は、うどんにパスタソースをかけるというもの。
私はたらこソースを合わせてみました。

糸こんにゃくが混ざっていても十分美味しいですよ。食感に幅が出て面白いです。パスタソースがよく合います。

またこんにゃくを加えることで糖質の割合を減らすことが出来るので、ダイエットにもおすすめです。
このうどんの食べ方は「ダイエットにお薦めのうどん料理」として別記事でも紹介しました。



ところでこの茹で方のポイントになるのは、糸こんにゃく(しらたき)に含まれる「水酸化カルシウム」です。
上の写真はパッケージですが、糸こんにゃくには、凝固剤として水酸化カルシウムが使われています。

【調理のポイント】
糸こんにゃくを入れてうどんを茹でると、糸こんにゃくに含まれる「水酸化カルシウム」が溶け出し、うどんの成分と結合して麺が丈夫になるので、歯応えや弾力性が増します。

ちなみに糸こんにゃくの代わりに板こんにゃくを使うことも出来ますが、細かく刻まないと効果がないようです。
またこんにゃくの色は、白でも黒でも構いませんが、出来上がりを一緒に食べるのなら、白い方が美味しそうに見えます。

すでにお伝えした通り、うどんにこんにゃくを入れて茹でると、歯応えが16%良くなり、弾力性が13%アップするそうです。

少量の湯を使ったうどんの茹で方

次にご紹介するのは、湯の量を少なくし、蒸すようにしてうどんを茹でる方法です。

この方法で茹でると、うどんがモチモチ食感に仕上がります。

材料【1人分:調理時間10〜15分】
乾麺うどん 100g
500ml
作り方
  1. 大きめのフライパン(もしくは鍋)に水(500ml)を入れ、沸騰させる。
  2. 1に乾麺を半分に折って加え、さっと混ぜてフタをし、外袋に記載された時間通りに茹でる。(焦げ付かないように様子を見ながら火加減を調整する。)
  3. 火を止め、手早く皿に移したらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1・2】
まず大きめのフライパン(もしくは鍋)に水(500ml)を入れ、沸騰させます。

ちなみに上の写真は26センチの普通の深さのフライパンを使っていますが、もっと深いかもっと大きいフライパン(もしくは鍋)を使うのがおすすめです。
この後にフタをしてうどんを蒸す工程がありますが、あまり大きくないものを使うと、吹きこぼれやすくなります。

さて湯が沸騰したら、うどんの乾麺(100g)を折って加えます。(上の写真)



そしてさっと混ぜてフタをして、外袋に記載された時間通りに茹でます。

途中で吹きこぼれたり焦げ付いたりしないように、様子を見ながら火加減は調整します。

【調理のポイント】
うどんを茹でることで溶け出すデンプンが、蒸すことによって流出しにくくなるので、モチモチの食感に仕上がります。


【工程3】
出来上がりは湯が殆どなくなりますので、うどんがフライパンに張り付かないうちに、手早く皿に移します。

これで完成です。

この方法でうどんを茹でると、うどん自体に含まれる塩分が少し多く残るので、味付けをちょっと控えめにするといいですよ。
食感はすでにお伝えした通り、モッチリ感が際立ちます。

ところで当サイトでは、山田教授が考案した「うどん(チルド麺)の上手な茹で方」も紹介しています。
うどんを茹でる前にレンジでチンすると、普通に茹でた場合とくらべて、歯応えが1.5倍、弾力性が1.4倍、コシが3.5倍もアップするそうです。リンク先も合わせてご覧ください。


最後に当サイトがすすめる、茹でたうどんをほんのひと手間で美味しく食べられるレシピを3品ご紹介します。
すべてテレビで話題になったレシピです。

茹でたうどんを使ったおすすめレシピ


茹でたうどんをほんのひと手間で美味しく食べられるレシピを3品ご紹介します。

まず最初にご紹介するのは、ゆうこりんことタレントの小倉優子さんが考案した「明太子と長芋の冷やしうどん」(上)です。
このうどんの具材になるのは、明太子と長芋と卵黄。
食欲がない時にも美味しくいただける、夏にぴったりの滋味豊かな冷やしうどんです。調理時間は5分です。

2品めは、冷凍うどんの大手メーカー、テーブルマークが考案した「油そば風うどん」。
油そばの簡単レシピで調理時間は4分です。
うどんに調味料を混ぜ、チャーシューや温泉卵をトッピングしたらできあがりです。

3品めは、料理研究家の藤井恵さんが考案した「牛肉と青ねぎのすき煮うどん」。
すき焼き風の甘辛い味付けが食欲をそそる一品で、5〜10分程度で完成します。

以上3品はチルド麺を使うレシピになっていますが、茹でた乾麺でも作れます。

関連記事

うどんの上手な茹で方。チルド麺(ゆでうどん)のコシを出す方法。

うどん(チルド麺)の歯応え、弾力性、コシをアップさせる、上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案…

こんにゃくの味しみを良くする方法。3パターンまとめ。

こんにゃくに味を染み込ませる簡単な方法を3パターンご紹介します。こんにゃくと言えば、おでんや温かい煮物がとても美味しいものですが、…

じゃがいもを茹でるならこの方法!茹で方&茹で時間を分かりやすく解説。

じゃがいもの美味しい茹で方をご紹介します。じゃがいもを鍋でボイルする方法を知っておくと、ポテトサラダなどの下ごしらえにも便利です。…

しらたきの下処理の方法。下茹で・砂糖で揉むなど4パターンまとめ。

しらたき(糸こんにゃく)の下処理の方法4パターンをご紹介します。しらたきは、料理に使う前にあらかじめアク抜きをすると、独特の臭みを…

さつまいもの茹で方!茹で時間は何分?時短なら丸ごとよりも切ってから

さつまいもの上手な茹で方をご紹介します。さつまいもは、切ってから茹でる場合と、丸ごと茹でる場合とでは、茹で時間がかなり異なります。…

冷凍よりも冷蔵!スナップエンドウの保存方法を解説。

スナップエンドウの「冷凍保存方法」と「冷蔵保存方法」をご紹介します。スナップエンドウは冷凍して保存することもできますが、冷蔵保存ま…

冷凍うどんをレンジでチンして解凍する方法!レシピも7品紹介。

冷凍うどんを電子レンジで解凍する方法と、冷凍うどんのおすすめレシピを7品ご紹介します。冷凍うどんはレンチンすると、茹でるよりもコシ…

塩茹でならこの方法!そら豆の茹で方と茹で時間。定番の調理法を解説。

そら豆の美味しい茹で方を解説します。そら豆は、さやから取り出したあとに、薄皮に切れ目を入れ、ちょうど良い塩の量を加えて茹でると、旨…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

斜めにカット!しいたけのそぎ切りのやり方。火の通り易さ&味染みがUP

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけの「薄切り」・「千切り」・「みじん切り」の切り方と、その使い方を解説します。薄切りは、しいたけを端から1〜2ミリの厚さに切…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

斜めにカット!しいたけのそぎ切りのやり方。火の通り易さ&味染みがUP

しいたけの「そぎ切り」の切り方を解説します。そぎ切りとは、包丁を斜めに寝かせて、食材をそぐように切り分ける方法です。しいたけをそぎ…

最新記事

風味豊かな甘辛煮!干し椎茸の佃煮。スライスもホールも使えるレシピ。

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

風味豊かな甘辛煮!干し椎茸の佃煮。スライスもホールも使えるレシピ。

干し椎茸を甘辛く煮付けた、旨味たっぷりなおかずレシピをご紹介します。干し椎茸の佃煮レシピ。少量の生姜を加えて風味良く仕上げるのがコ…

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

電子レンジで簡単に作れる、トマトと卵の洋風おかずのレシピをご紹介します。トマトを角切りにして卵と混ぜて、マヨネーズやコンソメで味付…

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

切り干し大根を使った台湾風の卵焼きレシピをご紹介します。台湾では菜脯蛋(ツァイプータン)と呼ばれていて、現地の屋台でもお馴染みのお…

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。「うさぎ」と「とさか」は、短…

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

チャービル(セルフィーユ)の爽やかな風味をいかした、シンプルなサラダのレシピをご紹介します。チャービルと合わせる野菜は、きゅうりと…