やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

さつまいもとツナの炊き込みご飯のレシピ。分とく山 野﨑洋光さんのおすすめ。

投稿日:2018年3月1日 更新日:

さつまいもとツナ缶(シーチキン)を使った美味しい炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

日本料理の名店「分とく山」の総料理長、野﨑洋光さんが考案した「ツナ缶炊き込みご飯」です。

さつまいもの自然な甘みとツナの優しい旨味を存分にいかした、上品な味わいの炊き込みご飯です。

調理のポイントは、ツナの身と汁を別々に加えること。
ひと手間をかけるだけで、数ランク上のツナご飯が出来ますよ。

(一部情報元:NHK「あさイチ」2018年2月27日放映)

さつまいもとツナのレシピ

「ツナ缶炊き込みご飯」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間60分/炊飯時間含む】
ツナ缶 ※ 2缶(140g)
さつまいも 200g
3合
450ml
薄口醤油 45ml
45ml
あさつき(青ねぎでもOK) 適宜

※ ライトツナフレークを使用。

作り方
  1. 米は洗って15分浸水させ、ザルに上げて水気を切り、そのまま15分置く。
  2. さつまいもは長さ3センチ厚さ1センチの棒状に切る。
  3. 1・2・ツナ缶のオイルだけ・水・醤油・酒を炊飯器に入れ、早炊き機能で炊く。
  4. 3が炊き上がったらツナ缶の身を入れ、混ぜずにそのままフタをして5分蒸らす。
    好みで小口切りにしたあさつきを混ぜる。
  5. 4を器に盛り、小口切りにしたあさつきを添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ツナの炊き込みご飯の作り方


【工程1・2】
まず米(3合)は洗って15分浸水させ、ザルに上げて水気を切り、そのまま15分置きます。(写真右)

次にさつまいも(200g)は長さ3センチ・厚さ1センチの棒状に切ります。(写真左)

ちなみに上の写真は、レシピの半量(2人分)で作っていますが、説明はレシピ通りにします。



【工程3】
続いて、米・さつまいも・ツナ缶のオイルだけ(1缶分)・水(450ml)・薄口醤油(45ml)・酒(45ml)を炊飯器の内釜に入れます。(写真上)
そして早炊き機能で炊きます。早炊き機能がない場合は、普通炊きでも出来ます。

ここでポイントになるのは、ツナ缶の身は入れないことです。オイル(汁)だけを炊飯器に入れます。

【調理のポイント】
この炊き込みご飯は、ツナ缶のオイルと身を別々に加えます。

オイルはだし代わりになるので、ご飯を炊く前に加え、ご飯やさつまいもに旨味をしっかり染み込ませます。



【工程4】
ご飯が炊き上がったら、ツナ缶の身(1缶分)を入れます。(上の写真)
そして混ぜずにそのままフタをして、5分蒸らします。

ツナの身は最後にさっと温める程度にします。

【調理のポイント】
ツナの身は、炊き上がってから加えます。

ツナの身はすでに加熱調理済みであり、もう一度火を入れると美味しさや食感が失われてしまうため、加熱はしません。



蒸らし終えたら軽く混ぜます。

ここでお好みで、小口切りにしたあさつき(適宜)を混ぜても良いそうです。



【工程5】
ご飯を器に盛り、小口切りにしたあさつき(適宜)をのせたら完成です。

ツナの優しい旨味とさつまいもの自然な甘みをいかした、味わい深い炊き込みご飯が出来ます。


ご飯はしっかり味が染みていて、ツナの身はしっとりご飯に馴染んでいます。
上品な味と食感でとても美味しいです。
冷めてもしっとりしているので、お弁当にもおすすめです。

ところで当サイトでは、野崎さんの「しめさば」や「卵焼き」のレシピも紹介しています。
「しめさば」は、塩以外に砂糖も使ってサバをしめるのが特徴です。サバ半身につき、砂糖はたっぷり2つかみくらい使います。でもサバは甘くなりません。とてもまろやかなしめさばが出来ます。
「卵焼き」は、だし汁の代わりに水を混ぜるのが特徴です。材料は卵と砂糖と醤油と水だけ。水を加えることで、冷めてもふんわりしっとりとして、卵の味が濃く感じられます。
2品とも高級和食店のような品のある味に仕上がりますよ。

最後に野崎さんの「ツナ缶卵焼き」のレシピをご紹介します。
今回ご紹介した炊き込みご飯と一緒にテレビで話題になったお料理です。

ツナ缶卵焼きの作り方

野崎さんの「ツナ缶卵焼き」のレシピをご紹介しまう。

ツナの旨味が凝縮された、優しい味わいの卵焼きだそうです。

材料【1皿分:調理時間5分】
ツナ缶 ※ 1缶(70g)
3個(L玉)
薄口醤油 小さじ1
20ml
サラダ油 適量

※ ライトツナフレークを使用。

作り方
  1. 卵をボールに割り入れ、軽く混ぜる。
    薄口醤油・ツナ(オイルごと)・水を加えて混ぜる。
  2. 卵焼き用のフライパンを熱し、サラダ油を引く。
    卵を小分けにしながら巻いたらできあがり。

調理のポイントは2つあります。

1つめは、ツナ缶のオイルも使うこと。
野崎さんによると、ツナ缶のオイルは旨味が凝縮されているので、良いだし代わりになるそうです。

2つめは、水を加えること。
旨味があまり濃すぎても美味しくないので、素材の味を活かし切るために、敢えて少し味を薄めます。
野崎さんによると、素材の味を引き出すには「引き算」も大事だそうです。

ちなみに上の写真はイメージで、野崎さんの「水入り卵焼き」です。
この卵焼きの材料は、卵と砂糖と醤油と水だけ。
水を加えることで、冷めてもふんわりしっとりとした、卵の味が濃く感じられる卵焼きが出来ますよ。

関連記事

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

ゴーヤとツナのサラダレシピ。ツナ缶とマヨネーズを使った簡単和え物。

ゴーヤとツナ(シーチキン)を使ったサラダのレシピをご紹介します。作り方は簡単で、薄切りにしたゴーヤにツナ缶を加え、マヨネーズや醤油などで和え…

キャベツとツナのサラダ。レンジで3分!ツナ缶とマヨネーズの簡単レシピ

キャベツとツナ(シーチキン)を使ったサラダのレシピをご紹介します。レンジで蒸したキャベツに、ツナ缶をオイルごと加え、マヨネーズと粒マスタード…

スナップエンドウとツナのレシピ。ツナ缶とマヨネーズで美味しさアップ!

スナップエンドウのツナマヨネーズ和えのレシピをご紹介します。スナップエンドウをレンジでチンして、ツナやマヨネーズと和えるだけで完成の簡単レシ…

チンゲン菜とツナのレシピ。シーチキンで和え物!ごま油と辛子で風味UP

チンゲン菜とツナ(シーチキン)を使った簡単おかずレシピをご紹介します。チンゲン菜をレンジでチンして、ツナを加え、ごま油などの調味料を混ぜたら…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…