春キャベツのサラダのレシピ。有元葉子さんのアボカド和え。

投稿日:2018年3月8日 更新日:

キャベツとアボカドのサラダ

春きゃべつを使ったシンプルなサラダのレシピをご紹介します。

料理研究家の有元葉子さんが考案した「春キャベツのアボカドあえ」です。

春きゃべつのみずみずしさと風味を存分にいかした、春らしい淡いグリーンのサラダです。

きゃべつはあらかじめ氷水に浸すと、食感が良くなり、香りや甘みも増します。
またきゃべつと合わせるアボカドは、具材としてではなく、ドレッシングとして使います。
少し崩してオリーブオイルと混ぜると、とろっして、きゃべつと絡みやすくなります。

(一部情報元:NHK「きょうの料理」2018年3月5日放映)

春キャベツのアボカドあえの作り方

キャベツとアボカドのサラダ

「春キャベツのアボカドあえ」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間8分】
春キャベツ 2〜3枚(約150g)
アボカド(※) 1個
レモン汁 1/2個分
オリーブオイル 大さじ1〜2
塩・こしょう 各適量

※よく熟したアボカドを使用する。

作り方
  1. 春キャベツは食べやすい大きさに切り、氷水に漬けてパリッとさせる。ザルに上げてしっかり水気を切る。
  2. アボカドは半分に切り、皮とタネを取って一口大に切り、ボールに入れる。
    レモン汁・オリーブオイル・塩こしょうを加え、ヘラで少し潰すように混ぜてとろみを付ける。
  3. 2に1を加えて和えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

春キャベツのアボカドあえの作り方

キャベツとアボカドのサラダの作り方
【工程1】
まず春キャベツ(2〜3枚)を食べやすい大きさに切り、氷水に浸します。(上の写真)
ちなみにキャベツは、食感を出すためにあまり小さく切り過ぎない方が良いそうです。

そしてキャベツがパリッとしたら、ザルに上げてしっかり水気を切ります。

【調理のポイント】
キャベツはあらかじめ氷水に浸すと、歯ざわりが良くなり、香りと甘みも増します。

有元さんによると、キャベツは加熱調理する場合でも、最初に氷水に浸すと、同様の効果があるそうです。


キャベツとアボカドのサラダの作り方
【工程2】
次にアボカド(1個)を半分に切り、皮とタネを取って一口大に切り、ボールに入れます。
そしてレモン汁(1/2個分)・オリーブオイル(大さじ1〜2)・塩こしょう(各適量)を加え、ヘラで少し潰すように混ぜてとろみを付けます。(上の写真)

この工程でアボカドを少し崩すので、アボカドも最初にあまり小さく切り過ぎない方が良いそうです。

【調理のポイント】
アボカドはヘラで少し潰し、オリーブオイルとよく混ぜてとろとろにすると、キャベツにまとわりついて美味しくなります。

アボカドはとろっとした食感をいかしてドレッシングとして使うので、完熟したものがおすすめだそうです。


キャベツとアボカドのサラダの作り方
【工程3】
最後にアボカドとキャベツを和えたら完成です。


キャベツとアボカドのサラダ
このサラダに使う食材はどれも春が旬。アボカドとレモンも春が一番美味しいそうです。
それぞれの素材の美味しさを存分にいかした、シンプルなサラダができます。

みずみずしくてシャキシャキした春キャベツと、ねっとりとしたアボカドの食感のコントラストがとてもいいですよ。

ところで当サイトでは、有元さんの春キャベツのお料理をあともう1品紹介しています。「春きゃべつのメンチカツ」です。
このメンチカツは、有元さんが何十年も作り続けている定番料理で、家族みんなが大好きなメニューだそうです。
きゃべつの食感をいかしたジューシーなメンチカツです。

また有元さんの「ローストポーク」も美味しいのでおすすめです。
1kgもある豚のかたまり肉を、オーブンで3〜4時間かけて低温でじっくり焼き上げます。
ゆっくり時間をかけて豚肉に火を通すと、ほろほろっと崩れるほど柔らかく、中がしっとりジューシーなローストポークが出来ますよ。

関連レシピ