キャベツと牛肉の簡単レシピ。電子レンジを使ったピリ辛蒸し。

投稿日:2018年3月13日 更新日:

キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸し

キャベツと牛肉の簡単おかずレシピをご紹介します。

料理の達人でNHK料理講師の高木ハツ江さんが考案した「キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸し」です。

このお料理は火を一切使いません。
材料を混ぜてレンジで8分チンするだけです。

ご飯が進むこってりとした味わいのピリ辛おかずが出来ますよ。

(一部情報元:NHK「きょうの料理ビギナーズ」2018年2月21日放映)

キャベツと牛肉のレンジ蒸しの作り方

キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸し

「キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸し」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間15分】
牛切り落とし肉 150g
キャベツ 1/4個(250g)
A
オイスターソース 小さじ2
醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1
豆板醤 小さじ1/2
片栗粉 大さじ1
長ネギ(粗みじん切り) 大さじ2
B
ショウガ 15g
醤油 小さじ2
ごま油 小さじ2
作り方
  1. キャベツの葉は手で一口大にちぎり、軸は薄切りにする。ショウガは千切りにする。
  2. 牛肉にAを混ぜ、キャベツにBを混ぜる。
  3. 耐熱ボールに2を重ねて入れ(キャベツ・牛肉・キャベツ・牛肉・キャベツの順に重ねる)、ラップをふんわりかぶせ、電子レンジ(600w)で8分加熱する。
  4. 3をラップをしたまま3分蒸らし、軽く混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

キャベツと牛肉のレンジ蒸しの作り方

キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸しの作り方
【工程1】
まずキャベツ(250g)の葉を手で一口大にちぎり、キャベツの軸を薄切りにします。

そしてショウガ(15g)を千切りにします。


キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸しの作り方
【工程2】
次に牛切り落とし肉(150g)に、A(オイスターソース:小さじ2、醤油:小さじ1、ごま油:小さじ1、豆板醤:小さじ1/2、片栗粉:大さじ1、長ねぎ:粗みじん切り大さじ2)を混ぜます。(写真左)

続いてキャベツに、B(ショウガ:15g、醤油:小さじ2、ごま油:小さじ2)を混ぜます。(写真右)

【調理のポイント】
キャベツと牛肉は、あらかじめしっかり下味を付けます。

キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸しの作り方
【工程3】
次にキャベツと牛肉を耐熱ボールに重ねて入れます。

まずキャベツ(1/3量)を敷き、その上に牛肉(1/2量)を広げます。(上の写真)

そしてさらにその上に、キャベツ(1/3)・牛肉(1/2)・キャベツ(1/3)の順に重ねます。

重ね方のポイントは、1番下と1番上をキャベツにすることです。


キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸しの作り方
最後にキャベツをのせたら、ふんわりとラップをかぶせ、電子レンジ(600w)で8分加熱します。

【調理のポイント】
キャベツと牛肉を交互に重ねると、温めた時に肉が固まりにくく、味が全体に馴染みやすくなります。

また1番上にキャベツをのせて牛肉を覆うと、牛肉がジューシーに仕上がります。


キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸し
チンし終えたら、ラップをしたまま3分蒸らします。

最後に軽く混ぜたら完成です。(上の写真)


キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸し
こってりとした甘みとコクのある、食べ応えのあるおかずが出来ます。
味付けがしっかりめなので、ご飯にのせて丼にして食べても美味しいですよ。

豆板醤の辛さは控えめで、子供でも食べやすいと思います。

キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸しの作り方
レンジで簡単に作れるので、週末の作り置きにもおすすです。

日持ちは3〜4日くらいと考えてください。

キャベツと牛肉のピリ辛レンジ蒸しのお弁当
またお弁当のおかずにするのもいいですよ。

このお弁当のレシピは、リンク先をご覧ください。

関連レシピ