きゅうりの漬物のレシピ。作り置きにおすすめの中華風甘酢漬け。

投稿日:2018年3月27日 更新日:

きゅうりの漬物

きゅうりの漬物の簡単レシピをご紹介します。

中華料理の名店「やまの辺」のオーナーシェフ、山野辺仁さんが考案した「中華風きゅうりの漬物」です。

ちょっぴりピリ辛なきゅうりの甘酢漬けです。
少し甘めの中華風の味付けがきゅうりとよく合います。

ちなみにこの漬物は、もともとはお弁当のおかずとしてテレビで話題になりました。
作り置きにも向いているので、少し多めに仕込んでおいて、お弁当や普段の食事の箸休めにするといいですよ。

調理時間は7分です。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」2018年3月26日放映)

きゅうりの漬物の作り方

きゅうりの漬物

「中華風きゅうりの漬物」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間7分】
きゅうり 5本
にんにく 1片
鷹の爪 2本
ごま油 大さじ1
A
醤油 大さじ1と2/3
大さじ2
砂糖 大さじ3と1/3
作り方
  1. きゅうりは縦に4等分し、タネの部分を削ぎ落とし、5センチの長さに切る。にんにくは薄切りにする。
  2. フライパンにごま油を熱し、にんにくと鷹の爪を炒めて香りを立たせる。
    きゅうりを加え、中火でさっと炒める。きゅうりが少ししんなりしたらAを加え、さっと炒め合わせる。
  3. 2をバットの上に広げ、粗熱を取ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

きゅうりの漬物の作り方

きゅうりの漬物の作り方
【工程1】
まずきゅうり(5本)を縦に4等分し、タネの部分を包丁で削ぎ落とします。(写真手前)
そして5センチの長さに切ります。(写真奥)

次ににんにく(1片)を薄切りにします。(写真右)

【調理のポイント】
きゅうりはタネの部分を取り除き、仕上がりが水っぽくならないようにします。

きゅうりのタネの部分は取っておいて、サラダなどに使うといいですよ。

にんにくの薄切り(輪切り)【動画】


きゅうりの漬物の作り方
【工程2】
続いてフライパンにごま油(大さじ1)を熱し、にんにく(1片分)・鷹の爪(2本)を炒めて香りを立たせます。


きゅうりの漬物の作り方
そしてきゅうりを加え、水分を飛ばすように中火でさっと炒めます。

【調理のポイント】
きゅうりは炒めて水分を飛ばし、味が染みやすくします。

きゅうりの漬物の作り方
きゅうりが少ししんなりしたら、A(醤油:大さじ1と2/3、酢:大さじ2、砂糖:大さじ3と1/3)を加えます。


きゅうりの漬物の作り方
そしてさっと炒め合わせます。


きゅうりの漬物の作り方
【工程3】
最後にきゅうりをバットの上に広げ、粗熱を取ったら完成です。


きゅうりの漬物の作り置き
このきゅうりの漬物は、さっぱりとした中に優しい甘みとコクがあり、唐辛子のほのかな辛さがアクセントになっています。箸休めにぴったりの味わい深い一品です。

出来上がりをすぐにいただけるレシピになっていますが、しばらく置くと味が馴染むので、作り置きするのもおすすめです。日持ちは3日くらいと考えてください。

お弁当のおかずにする場合は、前日の夜に仕込んで、一晩くらい置いて味を馴染ませるとより美味しいですよ。

きゅうりの漬物のお弁当
この漬け物を使ったライスバーガー弁当のレシピも紹介しました。リンク先も是非ご覧ください。

関連レシピ