やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

唐揚げと卵焼きのお弁当レシピ。ほうれん草のごま和えが副菜。

投稿日:2018年4月3日 更新日:

鶏の唐揚げと卵焼きがメインのお弁当の簡単レシピをご紹介します。

メニューは次の5品です。

メニュー
  1. 調理科学の専門家、佐藤秀美さんの「鶏の唐揚げ」
  2. 佐藤秀美さんの「卵焼き」
  3. 食育インストラクターの和田明日香さんの「ほうれん草のゴマ和え」
  4. プチトマト
  5. 夏みかん

「鶏の唐揚げ」と「卵焼き」は、どちらもお弁当用に作られたレシピ。
日本テレビの「世界一受けたい授業」で話題になりました。
ちなみに考案者の佐藤さんは、テレビによく出演される調理科学のスペシャリストです。

唐揚げはドレッシングで味付け

「鶏の唐揚げ」は、材料がとてもシンプルです。
鶏もも肉の味付けに使うのは、中華ドレッシング1本だけ。
旨味とコクがしっかりしているので、冷めても美味しくいただけます。
調理時間は16分です。

天かす入り卵焼き

また「卵焼き」は、卵液に天かすを混ぜるのが特徴です。
天かすを加えると、コクと弾力が出て美味しくなります。
3分で完成します。

ナンプラー風味のごま和え

和田さんの「ほうれん草のゴマ和え」は、味付けにナンプラーを使うところが変わっています。
使用する量はわずかなのでクセはなく、むしろ旨味が増して食べ応えが出ます。
こちらは5分でできます。

以上3品に夏みかんとプチトマトを添え、ご飯にごま塩を振ったら、今日のお弁当は完成です。


鶏の唐揚げ

まずご紹介するのは「鶏の唐揚げ」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間16分】
鶏もも肉 200g
中華ドレッシング 大さじ2
小麦粉 大さじ2
揚げ油 適量
作り方
  1. 鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、ビニール袋に入れる。
    中華ドレッシングを加えてよく揉み、10分置く。
  2. 1に小麦粉を加えて混ぜる。
  3. 170度に温めた油で3分ほど揚げたらできあがり。
    粗熱を取ってお弁当箱に詰める。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず鶏もも肉(200g)を食べやすい大きさに切り、ビニール袋に入れます。

そして中華ドレッシング(大さじ2)を加えてよく揉み、10分置きます。(上の写真)

【調理のポイント】
この唐揚げは、中華ドレッシングだけで味付けします。

中華ドレッシングの原材料は、塩・酢・ごま油・醤油・にんにくなどで、唐揚げの下味とほぼ同じなので、他の調味料が要りません。

また酢が加わることで、鶏肉の臭みが和らぎ、柔らかくなります。



【工程2】
次に、小麦粉(大さじ2)を袋に加え、よく混ぜます。



【工程3】
最後に、170度に温めた油(適量)で、鶏肉を返しながら3分ほど揚げたら完成です。

ちなみに、170度を見極めるには、菜箸を油に浸してみるといいです。
菜箸からじわじわと気泡が出たらちょうど良い温度になっています。

ここであまり加熱し過ぎると、鶏肉がかたくなるので、3〜4分を目安に引き上げてください。
火が通っているか不安な時は、鶏肉を少し切って、実際に中を確認してみることをおすすめします。



この唐揚げは、旨味とコクがしっかり感じられるので、冷めても美味しいです。

ちなみに中華ドレッシングを使っても、中華風の味になるわけではありません。
中華ドレッシングの成分は、塩・酢・ごま油・醤油・にんにくなどで、唐揚げの下味とほぼ同じ。唐揚げらしい味に仕上がりますよ。

(レシピ情報元:日本テレビ「世界一受けたい授業」2018年3月31日放映)

卵焼き

次にご紹介するのは「卵焼き」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間3分】
2個
天かす 大さじ2
醤油 小さじ1/2
砂糖 大さじ1
適量
作り方
  1. 卵と醤油と砂糖をボールに入れ、よく混ぜる。天かすを加え、軽く混ぜる。
  2. 熱したフライパンに油を馴染ませ、1を流し入れ、形を整えながら中火で焼いたらできあがり。
    粗熱を取って食べやすい大きさに切り、お弁当箱に詰める。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず卵(2個)と醤油(小さじ1/2)と砂糖(大さじ1)をボールに入れ、よく混ぜます。

そして天かす(大さじ2)を加え、軽く混ぜます。(上の写真)

【調理のポイント】
天かすを卵液に加えると、天かすの油が隠し味になり、コクが出て美味しくなります。

また、天かすに含まれるグルテン(小麦粉のたんぱく質)が、スポンジのような役割をするため、冷めても食感が固くなりにくいです。



【工程2】
次に熱したフライパンに油(適量)を馴染ませ、卵液を流し入れます。

ちなみに佐藤さんは、卵焼き用の四角いフライパンを使っていましたが、私は丸いフライパンを使いました。普通のフライパンでも作れます。



形を整えながら中火で焼いたら完成です。

形や焼き加減は、お好みで仕上げてください。
四角くするのが面倒な場合は、炒り卵のようなラフな形にしてももちろんOKです。



天かすの優しいコクが加わった、美味しい卵焼きが出来ます。

甘さ控えめの飽きの来ない味付けで、冷めても弾力がありますよ。

(レシピ情報元:日本テレビ「世界一受けたい授業」2018年3月31日放映)

ほうれん草のごま和え前日調理がラク!

最後にご紹介するのは、食育インストラクターの和田明日香さんが考案した「鉄分豊富!ほうれん草のゴマ和え」のレシピです。

このゴマ和えは、当サイトでは作りおきおかずとして紹介しています。
お弁当にする場合は、前日の夜に作っておくと、当日の朝がラクですよ。

材料【2〜4人分:調理時間5分】
ほうれん草 1把
ゴマ油 大さじ2
ナンプラー 小さじ1
砂糖 小さじ1
白すりゴマ 大さじ3
作り方
  1. 鍋に湯を沸かし、ほうれん草を1〜2分茹でる。
    冷水に取り、よく水気を絞って3センチ幅に切る。
  2. 材料すべてをボールに入れ、よく混ぜたらできあがり。

ちなみに、ほうれん草を茹でるのが面倒な場合は、レンジでチンしてもOKです。
1束(200g)をよく洗い、ラップをして600wで2分加熱し、最後に水にさっとさらします。これで終わり。
詳しくは「ほうれん草をレンジでチンする方法」をご覧ください。

このゴマ和えは、醤油の代わりにナンプラーを使い、ゴマ油とすりゴマを少し多めに加えるレシピになっているので、ごく普通のゴマ和えよりも、全体的に味がしっかりめに感じられます。

ちなみにナンプラーを使っていることは、殆どの人が気づかないと思います。
ほのかな旨味が加わる程度で、ナンプラーのクセっぽさはありません。食べやすいです。


今日のお弁当は、以上3品(唐揚げ・卵焼き・ほうれん草のごま和え)に、夏みかんとプチトマトを添え、ご飯にごま塩を振ったら完成です。

忙しい朝でもラクに作れるお弁当ですよ。

関連記事

おにぎらずのお弁当レシピ。具のバリエーション21選。定番から簡単まで

おにぎらずの人気の具のバリエーションを21品ご紹介します。毎日のお弁当作りをはじめ、運動会やお花見などにも役立ちますよ。ちなみに、…

コーラで柔らかく!唐揚げのレシピ。コーラ×肉の効果をいかした簡単料理

お肉がとても柔らかく仕上がる、鶏唐揚げのレシピをご紹介します。ポイントは、鶏肉をあらかじめコーラに漬け込むこと。そうすると、お肉の…

鶏の唐揚げのレシピ。電子レンジで作ります。

「鶏の唐揚げ」の簡単レシピをご紹介します。下味をつけ、電子レンジで7分加熱するだけです。ちなみに500wの場合のは、8分20秒ほど…

ほうれん草の冷凍保存。美味しさと栄養をキープ!上手な保存方法を紹介。

ほうれん草の上手な保存方法をご紹介します。ほうれん草は、冷凍することで長期間保存ができます。生のまま冷凍保存してもいいですし、茹で…

こんにゃくの味しみを良くする方法。3パターンまとめ。

こんにゃくに味を染み込ませる簡単な方法を3パターンご紹介します。こんにゃくと言えば、おでんや温かい煮物がとても美味しいものですが、…

練乳の作り方。牛乳と砂糖だけで簡単に手作りできます。

練乳(コンデンスミルク)の作り方をご紹介します。練乳はわざわざ買わなくても、牛乳と砂糖さえあれば自宅で簡単に手作りできます。練乳を…

お弁当おかずの具材別レシピ187品。簡単で美味しいメニューを一挙紹介。

お弁当おかずの人気レシピを187品ご紹介します。当ブログのお弁当にぴったりな料理の中から、特におすすめの美味しいメニューを厳選して…

冷凍すると食感が変化!厚揚げ(生揚げ)の 保存方法と保存期間を解説。

厚揚げ(生揚げ)は、開封前であれば袋のまま保存できるので、とても便利です。冷蔵した場合の日持ちは、3〜4日。さらに長持ちさせたい場…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…