紫玉ねぎの酢漬けのレシピ。料理がインスタ映えする作り置き。

投稿日:2018年4月25日 更新日:

紫玉ねぎの酢漬けのレシピ

紫玉ねぎを使った、色鮮やかな作り置きのレシピをご紹介します。

料理研究家の藤井恵さんが考案した「紫たまねぎの酢漬け」です。

紫玉ねぎを薄切りにし、酢に漬けたシンプルなお料理です。

玉ねぎが酢によってきれいなピンク色に発色するので、インスタ映えするお料理を作りたい時に大活躍します。
また冷蔵庫で2週間も日持ちするので、使い勝手もいいですよ。

ちなみに藤井さんは、この酢漬けが大変お好きで、「玉ねぎも漬け汁も最高に美味しいので、3日に1回くらい作っている」そうです。

(一部情報元:NHK「きょうの料理」2017年4月18日放映)

紫玉ねぎの酢漬けの作り方

紫玉ねぎの酢漬けの作り方

「紫たまねぎの酢漬け」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【調理時間3分/置く時間除く】
紫玉ねぎ 1個(200g)
白ワインビネガー 1カップ
作り方
  1. 玉ねぎは繊維に沿って縦に薄切りにする。
  2. 1を保存容器に入れ、白ワインビネガーを注いでよく混ぜ、10分以上置いたらできあがり。
    冷蔵庫で2週間保存できる。

写真をもとにレシピを説明します。

紫玉ねぎの酢漬けの作り方

紫玉ねぎの酢漬けの作り方
【工程1】
まず玉ねぎ(1個)を上の写真のように繊維に沿って縦に薄切りにします。


紫玉ねぎの酢漬けの作り方
【工程2】
次に玉ねぎを保存容器に入れ、白ワインビネガー(1カップ)を注いでよく混ぜ、10分以上置いたら完成です。

30分ほど置くと、玉ねぎと漬け汁が鮮やかなピンク色に発色します。
一晩置くと、上の写真のように玉ねぎ内側の白い部分も、きれいなピンク色に染まります。

この酢漬けは、味が少ししっかりめで保存が効きます。冷蔵庫で2週間ほど日持ちします。

【調理のポイント】
甘くて香りが良い紫玉ねぎを、酸味が柔らかいワインビネガーを使って鮮やかに発色させます。

紫玉ねぎの酢漬けの作り方
ところでこの玉ねぎの酢漬けは、ちょい足しするだけで、いつものお料理の見栄えがグッと良くなります。

上の写真はサラダの具材として酢漬けを使っていますが、鮮やかなピンク色の食材というのはなかなかないので、とても新鮮です。
作り置きしておくと、インスタ映えするサラダがいつでもすぐに作れます。

ちなみに藤井さんによると、漬け汁はドレッシング代わりに使うのがおすすめだそうです。

【ポイント】
この酢漬けの漬け汁は、ドレッシングとして使える。

紫玉ねぎの酢漬けの作り方
また藤井さんによると、南蛮漬けにするのも美味しいそうです。

鶏肉を使って超簡単な南蛮漬けを作ってみました。
作り方を説明すると、まず鶏もも肉に塩・こしょうをし、小麦粉をまぶします。
次に油を引いたフライパンで、鶏肉の両面をこんがり焼きます。
続いて紫玉ねぎの酢漬け(汁ごと)・めんつゆ・鷹の爪を混ぜたものに、鶏肉をしばらく浸したら完成です。

酢漬けの漬け汁には、玉ねぎの風味がしっかり移っているので、短時間で味わい深いお料理が作れます。
マリネ液にするのもいいですよ。

関連レシピ