やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ひじきダイエットのレシピ。家事えもんのサラダお好み焼き。

投稿日:2018年5月4日 更新日:

ひじきのダイエットレシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「ひじきたっぷり サラダお好み焼き」です。

ひじきを驚くほどたっぷり使った、ヘルシーなお好み焼きです。

ひじきはダイエットにとても良いようです。

食物繊維の含有量(g/100g)
「得する人損する人」より数値を引用

早稲田大学研究院教授の矢澤一良農学博士によると、ひじきには、ごぼうの7倍もの食物繊維が含まれています。
食物繊維には、余分な脂肪の吸収を抑えたり、腸内環境を改善する働きがあります。

また同じひじきでも「伊勢ひじき」はとても柔らかく、食物繊維が分散して腸内全体に広がりやすいので、ダイエットにより効果があるとのこと。
三重県で生産される「伊勢ひじき」は、ごく普通のひじきとくらべて太く、食感が柔らかいのが特徴です。

さてこれからご紹介する「ひじきたっぷり サラダお好み焼き」は、普通の乾燥ひじきを使いますが、伊勢ひじきのように柔らかく戻すことでダイエット効果をアップさせます。

一見するとひじきばかりの黒い色のお好み焼きですが、サラダ感覚でいただけるのでとても食べやすいです。
食感が良くて満腹感がある、風味豊かなお好み焼きですよ。

(一部情報元:日本テレビ「得する人損する人」家事えもんのかけ算のレシピ 2018年5月3日放映)

ひじきのダイエットお好み焼きの作り方

「ひじきたっぷり サラダお好み焼き」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分:調理時間8分】
生地
戻したひじき(※) 70g
もやし 40g
小麦粉 大さじ3
粉チーズ 大さじ2
卵白 1個分
トッピング
レタス 適量
ミニトマト 適量
卵黄 1個分
ソース 適量
かつおぶし 適量
青のり 適量
適量

※戻し方は工程1をご覧ください。

作り方
  1. たっぷりの水に砂糖(分量外:適量)を溶かし、ひじきを加え、柔らかくなるまで10〜20分置く。ザルに上げて水気を切る。
  2. もやしを半分くらいの長さに切り、トマトを4等分する。
  3. 生地の材料すべてを混ぜる。
  4. フライパンに油を熱し、3を薄く広げ、片面を4分焼く。こんがり焼き色が付いたらひっくり返し、もう片面を3分焼く。
  5. 4を皿に盛り、手でちぎったレタスとトマトをのせ、卵黄をトッピングする。
    ソースを回しかけ、かつおぶしと青のりを振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ひじきのダイエットお好み焼きの作り方


まずたっぷりの水に砂糖(分量外:適量)を溶かし、ひじきを加え、ひじきが柔らかくなるまで10〜20分置きます。(上の写真)

そしてザルに上げて水気を切り、その中からひじきを70g用意します。

ちなみに乾燥ひじきは、戻すと重さが8〜10倍になります。だいたいの目安にしてください。

【調理のポイント】
ひじきを戻す時は、水に砂糖を少量混ぜます。
砂糖を加えると、ひじきが早く太く柔らかく戻ります。

ひじきが柔らかくなると、ひじきに含まれる食物繊維が分散して腸内全体に広がりやすくなるため、ダイエット効果がよりアップします。

このひじきの戻し方は、砂糖の浸透圧を利用します。

ひじきにはもともと微量の糖分が含まれているそうですが、水に砂糖を加えると、ひじきの中よりも外の方が糖分濃度が高くなるので、ひじきの中に水分が入りやすくなり、柔らかくなるというわけです。

また砂糖には保水効果もあるので、調理した後も、柔らかさが持続しやすいようです。

正直申しまして、私はこの砂糖を使ってひじきを戻す効果をあまり実感できませんでしたが、ご興味のある方は是非お試しください。
ちなみにごく一般的なひじきの戻し方は、ぬるま湯か水に20分程度浸します。



【工程2】
次にもやし(40g)を半分くらいの長さに切り、ミニトマト(適量)を4等分します。

ひじきも長過ぎるようだったら、食べやすく切るといいですよ。



【工程3】
続いて生地の材料すべてを混ぜます。

生地の材料は、戻したひじき(70g)・もやし(40g)・小麦粉(大さじ3)・粉チーズ(大さじ2)・卵白(1個分)です。

【調理のポイント】
このお好み焼きの生地は、小麦粉の一部を粉チーズで代用することで、糖質を抑えつつ、コクをプラスしてカリッとした食感に仕上げます。

小麦粉の量はかなり控えめです。生地がぎりぎりまとまるくらいの少量です。



【工程4】
次にフライパンに油(適量)を熱し、生地を薄くのばし、片面を4分焼きます。



こんがり焼き色がついたらひっくり返し、もう片面を3分焼きます。



【工程5】
最後に焼きあがった生地を皿に盛り、手でちぎったレタス(適量)とトマトをのせ、卵黄(1個分)をトッピングします。
ソース(適量)を回しかけ、かつおぶし(適量)と青のり(適量)を振ったら完成です。

このお好み焼きは、ひじきをものすごくたっぷり使います。
生地の7割はひじきで、残りの3割がもやしと小麦粉と粉チーズです。
でも全体がしっくり合っていて美味しいです。
ひじきの味は、量の割には感じにくいです。ひじきが嫌いという方にはあまりおすすめしませんが、食べやすいと思います。
チーズと卵黄のコクのあるまろやかな味が、ひじきの素朴な風味とよく合いますし、生野菜のトッピングで全体に軽さが出ます。

また食感もとてもいいです。
ひじきのしっかりした歯応えの中に、もやしの軽いシャキシャキ感がアクセントになっています。
よく噛んで食べるうちに満腹感も得られるので、ダイエットにぴったりだと思いますよ。

関連記事

ひじきの戻し方。乾燥ひじきを柔らかく戻す方法。

乾燥ひじきの戻し方をご紹介します。基本の戻し方と合わせて、ひじきを早く太く柔らかく戻せるという裏ワザもお伝えします。

ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。

こんにゃくのダイエットレシピ。人気料理11品まとめ。

ダイエットにぴったりのこんにゃく料理の中から、人気レシピ11品をご紹介します。こんにゃくは低カロリーで低糖質なので、ダイエットに向いた食材で…

スーパー大麦バーリーマックスの食べ方と効果。ダイエットレシピも。

「スーパー大麦 バーリーマックス」のおすすめの食べ方と効果をご紹介します。「スーパー大麦 バーリーマックス」とは、オーストラリア連邦科学産業…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏もも肉の茹で方と茹で時間。余熱でじっくり!柔らか茹で鶏の作り方。

鶏もも肉の上手な茹で方と、茹で鶏にぴったりなネギソースのレシピをご紹介…

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…