世界一美味しいイタリアンライスのレシピ。小林幸司シェフのトマトソース

投稿日:2018年5月18日 更新日:

世界一美味しいイタリアンライス

たったの10分でできる本格イタリアンのレシピをご紹介します。

イタリア料理の名店「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」のオーナーシェフ、小林幸司さんが考案した「世界一のイタリアンライス」です。

小林さんによると「イタリアンライス」というネーミングには「カレーライスやハヤシライスと同じくらい普及しないはずがない、万人ウケする美味しいお料理」という意味が込められているそうです。
小林さんは次のようにおっしゃっています。

どこにでもある食材でたったの10分で作れる料理で、難しいテクニックもない。セオリーさえ踏めば、絶対世界一の味になる。

このお料理のポイントは2つありますが、小林さんがおっしゃる通り、だれにでもできるちょっとした事です。

「世界一」という名に納得できる、素材の魅力がぎゅっと凝縮した、風味がとても豊かなお料理ができますよ。

(一部情報元:日本テレビ「得する人損する人」イタリアンの鬼才のレシピ 2018年5月17日放映)

世界一美味しいイタリアンライスの作り方

世界一美味しいイタリアンライス

「世界一のイタリアンライス」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分くらい:調理時間10分】
トマトソース
緑オリーブ(種つき) 15粒
黒オリーブ(種つき) 20粒
アンチョビ 2枚
トマトの水煮 1缶
にんにく 1と1/2片
オリーブオイル 適量
少々
トッピング・その他
アーモンド 適量
ピザ用チーズ 適量
イタリアンパセリ 適量
オリーブオイル 適量
ご飯 適量
作り方
  1. にんにくを薄切りにし、アンチョビとアーモンドを細かく刻む。
  2. にんにくとオリーブオイルを鍋に入れ、火にかける。
    にんにくの香りが立って薄っすらと色付いたら、アンチョビをさっと炒める。
    さらに緑と黒のオリーブを加え、さっと炒め合わせる。トマトの水煮を加え7分煮る。
    火を止めて塩で味を整える。
  3. ご飯を皿に盛り、アーモンドとピザ用チーズをトッピングし、トマトソースをかける。手でちぎったパセリを散らし、オリーブオイルを回しかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

世界一のイタリアンライスの作り方

世界一美味しいイタリアンライスの作り方
【工程1】
まずにんにく(1と1/2片)を薄切りにし、アンチョビ(2枚)とアーモンド(適量)を細かく刻みます。


世界一美味しいイタリアンライスの作り方
【工程2】
次ににんにくとオリーブオイル(適量)を鍋に入れ、火にかけます。

【調理のポイント】
にんにくとオリーブオイルは、冷たい状態の鍋に入れます。

鍋に入れてから火にかけると、オリーブオイルの香りが飛びにくく、にんにくの水分が抜けやすくなるので、風味が凝縮して美味しくなります。


世界一美味しいイタリアンライスの作り方
にんにくの香りが立って色付いたら、アンチョビを加えてさっと炒めます。


世界一美味しいイタリアンライスの作り方
続いて緑オリーブ(15粒)と黒オリーブ(20粒)を加え、さっと炒め合わせます。

【調理のポイント】
オリーブは種つきを使います。

小林さんによると、種なしのオリーブは、種を取った後に塩水に漬けているため、種つきにくらべて食感と風味が乏しいそうです。
種つきを使うと、仕上がりは「段違いで美味しい」のでおすすめだそうです。


世界一美味しいイタリアンライスの作り方
次にトマトの水煮(1缶)を加えます。


世界一美味しいイタリアンライスの作り方
そして7分ほど煮ます。


世界一美味しいイタリアンライスの作り方
7分ほど経ち、上の写真のようにトマトソースにクレーターのような模様が出るくらいに煮詰まったら火を止め、塩(少々)で味を整えます。


世界一美味しいイタリアンライス
【工程3】
最後にご飯(適量)を皿に盛り、アーモンドとピザ用チーズ(適量)をトッピングし、トマトソースをかけます。

そして手でちぎったパセリ(適量:写真はみじん切り)を散らし、オリーブオイル(適量)を回しかけたら完成です。


世界一美味しいイタリアンライス
2種類のオリーブがごろっと丸ごとたっぷり入った、風味がとても豊かなお料理ができます。

さっぱりとした中に深い旨味とコクがあり、それぞれの素材の美味しさがバランス良く一つに溶け合っていて、味がとても上品です。美味しいですよ。

ところで小林さんのお料理と言えば、当サイトでは「世界一美味しいカルボナーラ」や「世界一美味しいふりかけ」や「ウンブリケッリ(冷凍うどんのパスタ)」や「卵かけご飯」も人気があります。
どれも料理初心者でも簡単に作れる本格レシピになっています。リンク先も合わせてご覧ください。

関連レシピ