いわし缶詰の簡単レシピ。5分でできるいわし卵丼。

投稿日:2018年6月7日 更新日:

いわし缶詰のレシピ

いわしの缶詰を使った簡単レシピをご紹介します。

料理研究家のヤミーさんが考案した「味付きいわしの卵とじ丼」です。

いわし缶の味をそのままいかし、とろっとした半熟卵をあわせた丼料理です。

もともと朝食のメニューとしてテレビで話題になったレシピで、火を一切使わずたったの5分で完成します。

(一部情報元:NHK「あさイチ」2018年6月6日放映)

いわし缶詰の卵丼の作り方

いわし缶詰のレシピ

「味付きいわしの卵とじ丼」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分:調理時間5分】
2個
ご飯 茶碗1杯分
三つ葉かかいわれ大根 好みで適量
A
味付きいわし(缶詰) 70g
ごま油 小さじ1
大さじ2
片栗粉 小さじ1/2
作り方
  1. Aを耐熱容器に入れ、いわしをほぐしながら混ぜ合わせる。
    ラップをして電子レンジ(600w)で1分加熱する。
  2. いったん取り出して溶き卵を回し入れ、電子レンジ(600w)で1分〜1分半加熱する。
  3. ご飯を器に盛り、2をかける。好みで三つ葉やかいわれを添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

いわしの卵丼の作り方

いわし缶詰の卵丼
【工程1】
まずA(いわし缶詰:70g、ごま油:小さじ1、酒:大さじ2、片栗粉:小さじ1/2)を耐熱容器に入れ、いわしをほぐしながら混ぜ合わせます。(上の写真)

そしてこのままラップをして、電子レンジ(600w)で1分加熱します。

【調理のポイント】
片栗粉を少量混ぜると、あとで加える卵がとろっとした柔らかい食感に仕上がります。

いわし缶詰の卵丼
【工程2】
レンジで1分チンしたら、いったん取り出して溶き卵(2個分)を回し入れます。

そしてこのまま再びラップをし、電子レンジ(600w)で1分〜1分半加熱します。


いわし缶詰の卵丼
できあがりはこんな感じ。
2回目の加熱時間は1分〜1分半と少し幅がありますが、最大の1分半チンすると、上の写真のように卵の表面に少し卵液が残った半熟状になります。

もっとゆるくしたい方は、1分くらいにおさえると、とろとろの仕上がりになりますよ。


いわし缶詰のレシピ
いわし缶の優しい旨味をいかした、あっさりとした卵丼ができます。
朝食や軽食にぴったりのライトな味付けで、とても食べやすいです。

いわしには血液をサラサラにするDHAやEPAが豊富に含まれていると言われていますが、これらの栄養は、朝摂ると吸収率がとても良いようですよ。

関連レシピ