酢鶏の揚げない簡単レシピ。ゆうこりんの人気料理。

投稿日:2018年7月12日 更新日:

酢鶏のレシピ

酢鶏のおすすめレシピをご紹介します。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんが考案した「旨味たっぷり!酢鶏」です。

この酢鶏は、揚げない超簡単レシピになっています。

ほど良い酸味でさっぱりとしていて、食欲が無い時にも美味しくいただます。

お弁当のおかずや作り置きにもおすすめですよ。

(一部情報元:日本テレビ「スッキリ」ゆうこりんクッキング 2018年7月12日放映)

揚げない酢鶏の作り方

酢鶏のレシピ

「旨味たっぷり!酢鶏」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間15分/冷やし20分】
つくね
鶏ひき肉 100g
絹豆腐 50g
1/3個
塩・こしょう 適量
片栗粉 大さじ1
合わせ調味料
ケチャップ 大さじ2
大さじ1と1/2
砂糖 大さじ1
醤油 小さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1
大さじ4
その他
にんじん 1/2本(60g)
玉ねぎ 60g
ピーマン 1個
大さじ2
適量
作り方
  1. 【つくねのたねを作る】鶏ひき肉・水気を切った絹豆腐・卵・塩こしょう・片栗粉を保存袋に入れ、手でよく揉む。
    袋の口を閉じて中身を平らにし、冷凍庫で20分冷やす。
  2. にんじんと玉ねぎとピーマンは、小さめの乱切りにする。
  3. 【つくねを焼く】1の袋の角を1センチほど切り、中身をフライパンの上に絞り出し、8等分する。
    フライパンを中火にかけ、両面に焼き色を付ける。
    酒を加え、フタをして1分蒸し焼きにする。つくねをいったん取り出す。
  4. 3のフライパンをきれいに拭き取り、油を引き、にんじんと玉ねぎとピーマンを弱火でじっくり炒める。
    すべての野菜に火が通ったら、つくねを戻し入れ、合わせ調味料を加え、全体に絡めたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

酢鶏の簡単な作り方

酢鶏のレシピ
【工程1】
最初につくねのたねを作ります。

まず鶏ひき肉(100g)・水気を切った絹豆腐(50g)・卵(1/3個)・塩こしょう(適量)・片栗粉(大さじ1)を保存袋に入れ、手でよく揉みます。

次に袋の口を閉じて、中身を平らにします。(上の写真)
そしてこの状態で冷凍庫に入れ、20分冷やします。

【調理のポイント】
つくねのたねは、焼く前に冷凍庫で20分冷やします。

そのまま焼くと、たねが温かいので肉汁が出やすくなりますが、少し冷やすと肉の脂が適度に固まるので、肉の旨味を逃さず焼くことができます。

ここであまり冷やし過ぎると凍ってしまうので、20分だけ冷凍庫に入れるのがおすすめだそうです。


酢鶏のレシピ
【工程2】
続いてにんじん(60g)と玉ねぎ(60g)とピーマン(1個)を、小さめの乱切りにします。

にんじんと玉ねぎは、薄めに切ると火が入りやすくなるので、時短になります。


酢鶏のレシピ
【工程3】
次につくねのたねが入った袋を冷凍庫から取り出し、袋の角を1センチほど切ります。

そして袋の中身をフライパンの上に絞り出し、8等分します。
この時、フライパンには油を引いてもいいですし、引かなくてもいいです。

【調理のポイント】
つくねのたねは袋の中で混ぜ、袋の角を切って絞り出すと、手を汚さずに調理できます。

酢鶏のレシピ
たねをすべて絞り出すと、こんな感じになります。


酢鶏のレシピ
続いてフライパンを中火にかけ、つくねの両面に焼き色を付けます。

この時、スプーンを使ってたねをフライパンに押し付けるようにすると、早く焼けるそうです。


酢鶏のレシピ
つくねの両面に焼き色が付いたら、酒(大さじ2)を加えます。


酢鶏のレシピ
そしてすぐにフタをして1分蒸し焼きにします。

つくねに火が通ったら、フライパンからいったん取り出します。

【調理のポイント】
つくねを酒で蒸し焼きにすると、鶏肉の臭みが消え、ふっくら仕上がります。

酢鶏のレシピ
【工程4】
次にフライパンをきれいに拭き取り、油(適量)を引き、にんじんと玉ねぎとピーマンを弱火でじっくり炒めます。

【調理のポイント】
弱火でじっくり炒めると、野菜の甘みが増します。

酢鶏のレシピ
野菜に火が通ったら、つくねを戻し入れます。


酢鶏のレシピ
そして合わせ調味料を加えます。

ちなみに合わせ調味料の材料は、ケチャップ(大さじ2)・酢(大さじ1と1/2)・砂糖(大さじ1)・醤油(小さじ1)・鶏ガラスープの素(小さじ1)・水(大さじ4)です。


酢鶏のレシピ
味を全体に絡めたら完成です。


酢鶏のレシピ
甘味と酸味のバランスが良い、美味しい酢鶏ができます。

つくねはほど良い弾力があり、とてもジューシーです。

お弁当のおかずにもぴったりです。

酢鶏のレシピ
この酢鶏は作り置きにも向いています。

日持ちは冷蔵で5日くらいと考えると良いと思います。

ところで当サイトでは、この酢鶏と一緒にテレビで話題になった、ゆうこりんの「コロッケ」と「ナムル」と「中華スープ」のレシピも紹介しています。
以上の4品を合わせると、ゆうこりんが考案した夏の豪華なディナーができます。合わせて是非ご覧ください。

関連レシピ