ビールに合う砂肝のレシピ。パクチーを使った簡単おつまみ。

投稿日:

砂肝のビールのおつまみ

ビールによく合うおつまみのレシピをご紹介します。

料理家の栗原心平さんが考案した「砂肝の香味ダレ和え」です。

ピリッとした辛さを効かせたタイ風のおつまみで、ナンプラーベースの濃厚な味付けです。

にんにくの香ばしさとパクチーの爽やかな風味が食欲をそそりますよ。

(一部情報元:テレビ東京「男子ごはん」2018年7月15日放映)

砂肝の香味だれ和えの作り方

砂肝のビールのおつまみ

「砂肝の香味ダレ和え」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2〜3人分:調理時間18分】
砂肝 250g
にんにく 1片
小さじ1/2
白こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ1
糸唐辛子 適量
香味ダレ
青唐辛子※ 6本
パクチー 1株
ナンプラー 大さじ1
寿司酢 大さじ1

※あまり辛くないものを使用する。

作り方
  1. 砂肝は、厚みのある部分に2/3くらいの深さの切り込みを数本入れる。(下の写真参照。)
    にんにくは薄切りにし、青唐辛子は小口切りにする。パクチーは細かく刻む。
  2. 砂肝に塩・白こしょうをまぶす。
  3. 香味ダレの材料を混ぜる。
  4. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくをきつね色になるまで揚げ焼きにして取り出す。
  5. 4のフライパンに2を加え、強めの中火で炒める。
    火が通ったら、熱いうちに3に加えて和える。
  6. 5を皿に盛り、4のにんにくを砕きながら散らし、糸唐辛子をのせたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

砂肝の香味だれ和えの作り方

砂肝のビールのおつまみ
【工程1】
まず砂肝(250g)は、厚みのある部分に2/3くらいの深さの切り込みを数本入れます。
切り込みを入れるところは、上の写真を参考にしてください。

そしてにんにく(1片)を薄切りにし、青唐辛子(6本)を小口切りにし、パクチー(1株)を細かく刻みます。

【調理のポイント】
砂肝は、少し深めの切り込みを入れると、火の通りが良くなり、コリコリとした食感が際立ちます。

砂肝のビールのおつまみ
【工程2・3】
次に砂肝に塩(小さじ1/2)と白こしょう(適量)をまぶします。(写真右上)

そして青唐辛子・パクチー・ナンプラー(大さじ1)・寿司酢(大さじ1)を混ぜます。(写真中央)
これが香味ダレになります。


砂肝のビールのおつまみ
【工程4】
続いてフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、にんにくをきつね色になるまで揚げ焼きにします。(上の写真)

そしてフライパンから取り出します。
残った油は、次の工程でそのまま使います。


砂肝のビールのおつまみ
【工程5】
今度はフライパンに砂肝を加え、強めの中火で炒め、完全に火を通します。

炒める時間は7〜10分くらいです。
砂肝の切れ目の奥の方まで完全に白っぽくなったら、火が通っています。


砂肝のビールのおつまみ
砂肝を炒めたら、熱いうちに香味ダレと和えます。

【調理のポイント】
砂肝は熱いうちに香味ダレと和えると、味が染みやすくなります。

この工程で、青唐辛子とパクチーにも軽く火が入ります。
軽く熱せられることでパクチー臭さが飛ぶので、このお料理は、パクチー苦手な方でも比較的食べやすいそうです。
ちなみにうちの夫はパクチーが嫌いで、日頃ほとんど食べませんが、このお料理は「クセになる」と言ってパクパク食べていました。


砂肝のビールのおつまみ
【工程6】
最後に砂肝を皿に盛り、にんにくを砕きながら散らし、糸唐辛子(適量)をのせたら完成です。

このお料理は、砂肝のコリコリとした歯応えがとてもいいです。

お味の方は、タイ料理を彷彿とさせます。
ナンプラーをベースにしたほのかな甘みと酸味のある味付けで、唐辛子の辛さとにんにくの風味が効いていて、とても美味しいです。

ビールを片手にじっくり味わうのがおすすめです。

ところで最後に、砂肝のおすすめレシピをあと2品ご紹介します。
栗原心平さんが考案した「ピリ辛砂肝チャーハン」と、料理愛好家の平野レミさんが考案した「砂肝の醤油和え」です。
栗原さんの「ピリ辛砂肝チャーハン」は、砂肝のコリコリ感とレンコンのサクサク感をいかした、コクのある美味しいチャーハンです。調理時間は18分。
平野レミさんの「砂肝の醤油和え」は、今回ご紹介したお料理と同じく、ビールのおつまみにぴったりです。
砂肝はさっと茹でます。あとはピリ辛の醤油だれに漬け込むだけなので、調理時間は3分です。
どちらもとても美味しいですよ。

関連レシピ