甘酒の作り方と簡単料理。夏バテに効く料理を紹介。

投稿日:2018年7月26日 更新日:

甘酒 レシピ

甘酒の簡単な作り方と甘酒を使った料理2品のレシピをご紹介します。

3品すべてが、道の駅 発酵の里「こうざき」の吉田愛さんが考案したお料理になっています。

甘酒作りには、保温ボトルを使いますが、保温機能があるポットなどでも代用できます。

(一部情報元:TBSテレビ「あさチャン!」2018年7月26日放映)

甘酒の作り方

甘酒の作り方

まず最初にご紹介するのは、甘酒のレシピです。

材料【調理時間15分/発酵7時間】
ご飯 100g
200cc+300cc
米麹(生) 200g

※乾燥麹の場合は150g。

作り方
  1. ご飯と水(200cc)を鍋に入れ、おかゆを作る。
  2. 1の火を止め、水(300cc)を加え、米麹をほぐしながら加える。
  3. 2を再び火にかけ、70度の少し手前で火を止める。
    すぐに保温ボトル(保温機能があるポットで代用可)に詰め、フタをして、7時間置いたらできあがり。
    容器に移して冷蔵保存する。

調理のポイントは2つあります。

1つめは、工程2の水(300cc)と米麹をおかゆに加える順番。
先に水を加え、おかゆの粗熱を取ってから、米麹を加えます。
アツアツのおかゆに米麹を加えると、米麹に含まれる麹菌(麹カビ)が死んでしまうので、必ず先に水を加えます。
ちなみに甘酒作りには、麹菌の働きが必要不可欠です。

2つめは、工程3の温度。
温度計で計って、70度弱くらいにします。
麹菌が最も活発になる温度は60〜65度くらいなので、保温ボトルに入れる間に冷めることも想定して70度弱にします。
それ以上やそれ以下になると、麹菌の活動(麹を糖化する力)が弱まってしまうので、温度はしっかり計った方がいいです。

ちなみに当サイトでは、他にも甘酒のレシピを紹介しています。
タレントの北斗晶さんの「甘酒」や医学博士の白澤卓二さんの「甘酒」も参考にしてください。

トウモロコシの甘酒冷製スープ

とうもろこしスープ

次にご紹介するのは「トウモロコシの甘酒冷製スープ」のレシピです。

材料
茹でたトウモロコシ 200g
甘酒 100ml
生クリーム 90cc
少々
こしょう 少々

※芯から外したもの。

作り方
  1. こしょう以外の材料すべてをミキサーにかける。
  2. 1を器に注ぎ、こしょうを振ったらできあがり。

ちなみに、上の画像は、当サイトでご紹介している「とうもろこしスープ」です。
トウモロコシの甘みと旨みを存分にいかした、濃厚な味わいの一品で、とても美味しいです。

バンバンジー甘酒ソース

最後にご紹介するのは「バンバンジー甘酒ソース」のレシピです。

材料
鶏ささみ 6〜8本
きゅうり 1本
トマト 1個
万能ねぎ 1/2束
甘酒 大さじ1と1/2
甘酒ソース
おろししょうが 小さじ1
おろしにんにく 小さじ1/2
甘酒 大さじ4
醤油 大さじ1
大さじ1
ラー油 少々
豆板醤 少々
すりゴマ 大さじ3
作り方
  1. 鶏ささみと甘酒(大さじ1と1/2)をビニール袋に入れ、15分ほど置く。
  2. 1のささみを茹で、細かく割く。
  3. 甘酒ソースの材料を混ぜる。
  4. キュウリは千切りにし、トマトは縦半分に切り、薄切りにする。万能ねぎは小口切りにする。
  5. トマトを皿に広げ、その上にきゅうりをのせる。さらにその上に2をのせ、3をかける。万能ねぎを散らしたらできあがり。

調理のポイントは、あらかじめささみに甘酒を混ぜることです。
甘酒に含まれる酵素の働きで、ささみが柔らかくなるそうです。

ピリッとした辛さが効いた、夏にぴったりのバンバンジーができるそうですよ。

関連レシピ