親子丼の3分レシピ。電子レンジとマグカップで作ります。

投稿日:2018年8月1日 更新日:

レンジで作る親子丼

親子丼の超簡単レシピをご紹介します。

テレビ朝日の「家事ヤロウ」で話題になった「レンジで作る親子丼」です。

この親子丼の具材は、焼き鳥缶となめたけと卵だけです。
焼き鳥缶となめたけに味が付いているので、調味料は使いません。

材料すべてをマグカップに入れ、レンジで2分ほどチンしたら完成です。

とろとろの卵と少し甘めのこってりとした味付けで、ご飯が進みますよ。

(一部情報元:テレビ朝日「家事ヤロウ」2018年8月1日放映)

親子丼のレンジレシピ

レンジで作る親子丼

「レンジで作る親子丼」のレシピです。

全行程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分:調理時間3分】
焼き鳥の缶詰 1缶
3個
なめたけ 大さじ1と1/2
玉ねぎ薄切り 好みで少々
ご飯 1人分
作り方
  1. 焼き鳥の缶詰を汁ごとマグカップに入れ、卵となめたけと玉ねぎを混ぜる。
  2. 1をラップをせずに電子レンジ(600w)で1分加熱する。
    いったん取り出し、中身を軽く混ぜ、再び600wで40秒加熱する。
  3. ご飯を器に盛り、2をかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

親子丼のレンジを使った作り方

レンジで作る親子丼
【工程1・2】
まず焼き鳥缶(1缶)を汁ごとマグカップに入れます。

ちなみにマグカップは、少し大きめ(350mlくらい)がちょうど良いです。


レンジで作る親子丼
次に卵(3個)となめたけ(大さじ1と1/2)と玉ねぎ薄切り(好みで少々)を加えます。

上の写真では、卵は2個しか見えませんが「3個」です。

ちなみに玉ねぎには、あまりしっかり火が入らないので、ごく薄切りにして、風味付け程度に少し加えるのがおすすめです。


レンジで作る親子丼
そしてよく混ぜ、ラップをせずに、電子レンジ(600w)で1分加熱します。


レンジで作る親子丼
1分チンしたら、いったん取り出します。
そして中身を軽く混ぜます。

この段階では、卵がまだ少しだけ固まった状態です。

続いて再びラップをせずに、600wで40秒加熱します。

【調理のポイント】
レンジで2回に分けて加熱すると、卵の加熱ムラが少なくなります。

レンジで作る親子丼
40秒チンすると、卵がさらに固まります。
これで親子丼の具が完成しました。

この親子丼の卵は、かなりゆるめです。
もう少し固めが良い場合は、軽く混ぜた後に、様子を見ながら少しずつ加熱時間を増やし、好みの固さに仕上げてください。

ちなみに下の写真の親子丼の具は、レシピよりも加熱時間を1分ちょっと長くしました。


レンジで作る親子丼
焼き鳥缶となめたけのこってりとした甘みをいかした、食べ応えのある親子丼ができます。
(上の写真の親子丼は、白髪ねぎを添えています。)

まったくの手間いらずであっと言う間にできるので、忙しい時の食事におすすめですよ。

ところで当サイトでは、焼き鳥の缶詰を使った親子丼のレシピをあともう1品紹介しています。
落語家の春風亭昇太師匠が考案した「缶たん!ウマウマ親子丼」です。
焼き鳥の缶詰と生卵を合わせた、卵かけご飯風の親子丼です。
調理時間は6分。こちらも忙しい時におすすめです。

関連レシピ