片栗粉でつくる餅のレシピ。豆腐と混ぜてレンジでチンするだけ。

投稿日:2018年9月12日 更新日:

片栗粉で作る餅のレシピ

片栗粉と豆腐で作るお餅のレシピをご紹介します。

テレビで話題になった「レンジで作るお餅」です。

作り方はとても簡単。
片栗粉と豆腐を混ぜ、レンジでチンするだけです。

しかもこのレシピ、まるで本物のお餅のようだと番組で絶賛されていました。

バカリズムさん:「もう完全に餅!食べた瞬間に餅!」
中丸雄一さん:「これ本家(本物)超えてません?」
カズレーザーさん:「メチャクチャうまっ!」

皆さんが仰るとおり、つきたての餅のような柔らかい食感です。

低糖質な豆腐でかさ増しする分、普通の餅よりもヘルシーですよ。

(一部情報元:テレビ朝日「家事ヤロウ!!!」2018年9月12日放映)

片栗粉と豆腐で作る餅のレシピ

「レンジで作るお餅」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間7分】
絹豆腐 小1丁(150g)
片栗粉 50g
きな粉・砂糖 各適量
作り方
  1. 絹豆腐と片栗粉を耐熱ボールに入れ、豆腐を崩しながらよく混ぜる。
  2. 1にラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱する。
  3. 2をいったん取り出し、ヘラで全体をよく混ぜる。
    再びラップをして、600wで2分加熱する。
  4. 3に水を付けながらちぎって丸め、砂糖を混ぜたきな粉をまぶしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

片栗粉を使ったもちの作り方

片栗粉で作る餅のレシピ

最初に材料の説明を少しします。

絹豆腐は、上の写真のような小1丁(150g)を使います。


片栗粉で作る餅のレシピ

【工程1】
まず絹豆腐(小1丁:150g)と片栗粉(50g)を耐熱ボールに入れます。

【調理のポイント】
豆腐は絹ごし豆腐を使います。

絹ごし豆腐を使うと、柔らかくなめらかな餅に仕上がります。

ちなみに木綿豆腐を使うと、粒っぽさが残り、片栗粉と混ざりにくので、あまりおすすめしないそうです。


片栗粉で作る餅のレシピ

そして豆腐を崩しながらよく混ぜます。


片栗粉で作る餅のレシピ

【工程2】
次にボールにラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱します。

【調理のポイント】
このお餅は、片栗粉と豆腐を混ぜ、レンジでチンして作ります。

片栗粉で作る餅のレシピ

【工程3】
続いてボールをレンジからいったん取り出し、ヘラで全体をよく混ぜます。

ボールの中身は、この段階ではちょっと固くなっていますが、ヘラで出来るだけしっかり混ぜてください。
もう1回チンすると柔らかくなります。


片栗粉で作る餅のレシピ

そして再びラップをして、600wで2分加熱します。

仕上がりは、つきたての餅のようです。


片栗粉で作る餅のレシピ

【工程4】
最後に餅に水を付けながら、手でちぎって丸め、砂糖入りのきな粉をまぶしたら完成です。

素手で触ると熱いので、水に濡らしたスプーンですくうとラクですよ。


片栗粉で作る餅のレシピ

柔らかくてもっちりとしたきな粉餅ができます。

豆腐の味がほのかに感じられますが、あまり気になりません。

豆腐でかさ増ししている分、糖質が少ないので、本物のお餅を食べるよりはダイエットになります。

レンジだけで手軽に出来るので、子供のおやつにもいいですよ。

片栗粉で作るわらび餅

片栗粉で作るわらび餅

ところで最後に、片栗粉を使った餅のレシピをあともう1品ご紹介します。

タレントの北斗晶さんが考案した「豆乳わらびもち」です。

今回ご紹介したお餅は、片栗粉と豆腐を使ってレンジで作りましたが、この北斗さんのお餅は、片栗粉と豆乳を使って鍋で作ります。

豆乳の優しい甘みとまろやかさをいかした、食べやすいわらび餅ですよ。

関連レシピ