ギャル曽根さんのチーズタッカルビ。さつまいもとサラダチキンを使ったレシピ。

投稿日:2018年10月8日 更新日:

チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

TBSテレビの「ビビット」で話題になった、チーズタッカルビのレシピをご紹介します。

タレントのギャル曽根さんが考案した「サラダチキンのチーズタッカルビ」です。

このチーズタッカルビは、たったの15分でできる超時短レシピになっています。

時短ポイントは2つあります。
1つめは、鶏肉の代わりにサラダチキンを使うこと。
2つめは、さつまいもやきゃべつといった野菜を、あらかじめレンジでチンすることです。

サラダチキンの柔らかい食感が印象的な、ご飯によく合う、濃厚な味わいのチーズタッカルビができますよ。

(一部情報元:TBSテレビ「ビビット」コンビニ食材を使ったギャル曽根のミラクルレシピ 2018年10月8日放映)

チーズタッカルビのレシピ

チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

「サラダチキンのチーズタッカルビ」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間15分】
サラダチキン(プレーン) 3枚
キャベツ 1/4個
サツマイモ 1/2本
キムチ 適量
ピザ用チーズ 適量
ごま油 適量
A
おろししょうが 小さじ2
おろしにんにく 小さじ2
コチュジャン 大さじ3
大さじ3
醤油 大さじ2
はちみつ 大さじ2

※ カレー味のサラダチキンを使うと「チーズカレータッカルビ」になります。

作り方
  1. サツマイモの皮をむき、1センチ幅の短冊切りにする。
    切ったサツマイモを水で濡らし、耐熱ボールに入れ、ラップをして電子レンジで加熱する。(おすすめの加熱時間は下の説明参照。)
  2. キャベツを5センチ角のざく切りにし、耐熱ボールに入れ、ラップをして電子レンジで加熱する。(おすすめの加熱時間は下の説明参照。)
  3. サラダチキンを一口大に切る。
  4. Aをボールに入れ、よく混ぜる。
    1・2・3を加え、よく混ぜる。
  5. フライパンにごま油(適量)を熱し、4を入れて炒める。
    水分が出てきたら、キムチを加えてさらに炒める。水分が飛んで野菜がしんなりしたら、フライパンの真ん中をあけ、チーズをのせる。
    フタをしてチーズを溶かしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

チーズタッカルビの作り方

チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

【工程1】
まず、サツマイモ(1/2本)の皮をむき、1センチ厚の輪切りにし、さらにそれを1センチ幅の短冊切りにします。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

次に、切ったサツマイモを耐熱ボールに入れ、水で軽く濡らします。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

そして、サツマイモの水気を切ってラップをして、電子レンジで加熱します。

ちなみに、この工程のワット数や加熱時間の説明は、レシピにはありません。

ここでチンする目的は、サツマイモをあらかじめ柔らかくして、後の煮込み時間を短縮することにあります。
加熱時間は、サツマイモ(1/2本:125gくらい)につき、500wで3分を目安にするのがおすすめです。
500wで3分チンすると、そのまま食べられるくらい柔らかくなります。
サツマイモは、この後に5分ほど煮るので、これよりも少し硬めに仕上げてもいいですよ。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

【工程2】
続いて、キャベツ(1/4個)を5センチ角くらいのざく切りにします。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

そして、キャベツを耐熱ボールに入れ、ラップをして電子レンジで加熱します。

この工程も、ワット数や加熱時間などの詳しい説明はありませんので、次の加熱時間を目安にしてください。

キャベツ(1/4個:300gくらい)につき電子レンジ(600w)で4分30秒です。
600wで4分30秒チンすると、そのままでも食べやすい柔らかさになります。
キャベツは、この後に5分ほど煮るので、これよりも少し硬めに仕上げてもいいです。

【調理のポイント】
サツマイモとキャベツをあらかじめレンジで加熱すると、煮込み時間が短縮できます。

チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

【工程3】
次に、サラダチキン(3個)を一口大に切ります。

上の写真は少し大きめに切ってみました。

【調理のポイント】
鶏肉の代わりにサラダチキンを使うと、時短になります。

サラダチキンは、塩気が付いていて加熱調理済みなので、調味料に漬け込む時間が省ける上に、煮込み時間も短くて済みます。

サラダチキンを使うと、食感がとても柔らかく仕上がるというメリットもあります。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

【工程4】
続いて、A(おろししょうが:小さじ2、おろしにんにく:小さじ2、コチュジャン:大さじ3、酒:大さじ3、醤油:大さじ2、はちみつ:大さじ2)をボールに入れ、よく混ぜます。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

そして、サラダチキン・サツマイモ・キャベツを加え、よく混ぜます。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

【工程5】
次に、フライパンにごま油(適量)を熱します。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

そして、ボールで混ぜた具材を炒めます。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

水分が出てきたら、キムチ(適量)を加え、さらに炒めます。

このチーズタッカルビは、塩気がけっこうしっかり効くので、ここで加えるキムチの量は少し味見をして決めるといいですよ。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

そして、水分がある程度飛んで、野菜がしんなりするまで炒めます。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

全体が馴染んだら、フライパンの真ん中をあけます。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

そしてピザ用チーズ(適量)をのせます。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

最後にフタをして、チーズを溶かしたら完成です。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

このチーズタッカルビの1番の特徴は、サラダチキンのしっとり柔らかい食感です。

普通の鶏肉ではなかなか出せない、繊細な口当たりが新鮮です。
それでいて、サラダチキンを使っていることは、ほぼ分かりません。

サラダチキンをチーズタッカルビに使うというアイデアは、すごくいいですよ。


チーズタッカルビのさつまいもを使ったレシピ

お味の方は、コチュジャンの辛さが効いていて、濃厚です。

ほど良い甘みがあり、塩気はけっこうしっかりめ。
全体的に味が良く染みるので、ご飯が進みます。

コチュジャンの辛さとさつまいもの甘さ、そしてチーズのまろやかな味が、相性ぴったりです。


チーズタッカルビ

最後に、チーズタッカルビの人気レシピをあと1品ご紹介します。

タレントの北斗晶さんが考案した「チーズタッカルビ」です。
TBSテレビの「中居正広の金スマスペシャル」で話題になった簡単レシピです。

北斗流チーズタッカルビは、コチュジャンの代わりに白菜キムチで味付けします。
キムチの複雑な旨味をいかした味わい深い一品です。
調理時間は30分です。

また当サイトでは、「ビビット」で一緒に話題になった、ギャル曽根さんの他のレシピも紹介しています。
リンク先も合わせてご覧ください。

関連レシピ