サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)。ギャル曽根さんの簡単レシピ。

投稿日:2018年10月8日 更新日:

サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)のアレンジ

TBSテレビの「ビビット」で話題になった、サラダチキンを使ったサムゲタンのレシピをご紹介します。

タレントのギャル曽根さんが考案した「サラダチキン参鶏湯(サムゲタン)」です。

鶏肉の代わりにサラダチキンを使った、超時短レシピになっています。

サラダチキンの柔らかい食感が特徴的な、優しい味わいのサムゲタンが、たったの15分で完成します。

(一部情報元:TBSテレビ「ビビット」コンビニ食材を使ったギャル曽根のミラクルレシピ 2018年10月8日放映)

サムゲタンのサラダチキンを使ったレシピ

サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)のアレンジ

「サラダチキン参鶏湯(サムゲタン)」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間15分】
サラダチキン(プレーン) 2枚
白ネギ 1〜2本
米(あればもち米) 大さじ1〜2
500ml
白炒りごま 適量
ごま油 適量
A
おろししょうが 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/2
鶏ガラスープの素 大さじ1
大さじ2〜3
適量
作り方
  1. サラダチキンを繊維に沿って食べやすい大きさに割き、白ネギを小口切りにする。
  2. 鍋に水を入れて沸かし、サラダチキン・サラダチキンの袋に残った汁・白ネギ・米・Aを加え、5〜10分煮る。
    鶏がふっくらしてきたら、白炒りごま・ごま油を加えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

サラダチキンを使った参鶏湯の作り方

サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)のアレンジ
【工程1】
まず、サラダチキン(2枚)を繊維に沿って食べやすい大きさに割き、白ネギ(長ネギのこと:1〜2本)を小口切りにします。

このレシピは、白ネギの量が1〜2本と少し幅があります。
味付けは、鶏ガラスープの旨味がしっかり効いているので、お好みで2本使っても良いと思います。

【調理のポイント】
このサムゲタンは、鶏肉の代わりにサラダチキンを使って、調理時間を短縮します。

ごく一般的なサムゲタンは、煮込みに1時間ほどかかりますが、サラダチキンはじっくり煮込む必要がなく、また旨味も手軽にいかすことができます。

ちなみにギャル曽根さんは、「サラダチキン(プレーン)は、塩だけじゃなくてけっこう複雑な味がするので、サムゲタンに合う」ともおっしゃっています。


サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)のアレンジ
【工程2】
次に水(500ml)を鍋に入れて沸かし、サラダチキン(2枚)・サラダチキンの袋に残った汁(2枚分)・白ネギ(1〜2本)・米(大さじ1〜2)を入れます。
ここで大事なのは、サラダチキンの袋に残った汁も、ムダなく使うことです。

続いてA(おろししょうが:小さじ1/2、おろしにんにく:小さじ1/2、鶏ガラスープの素:大さじ1、酒:大さじ2〜3、塩:適量)を加え、5〜10分煮ます。


サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)のアレンジ
そして鶏がふっくらしてきたら、白炒りごま(適量)・ごま油(適量)を加えます。

これで完成です。


サラダチキンで参鶏湯(サムゲタン)のアレンジ
鶏肉がたっぷり入ったサムゲタンができます。

このサムゲタンは、サラダチキンとねぎの柔らかい食感が印象的です。
スープは優しい味ながらも、鶏ガラスープの旨味がしっかり効いていて、サラダチキンの味とよく馴染みます。

忙しい時の食事におすすめです。

ギャル曽根さんのレシピ

ところで当サイトでは、ギャル曽根さんのレシピを他にも紹介しています。

ギャル曽根さんのレシピ
サラダチキンのチーズタッカルビ」は、たったの15分でできる超時短レシピになっています。

サラダチキンの柔らかい食感が印象的な、ご飯によく合う、濃厚な味わいのチーズタッカルビができます。


ギャル曽根さんのレシピ
ヘルシーギョーザ」は、ひき肉を一切使いません。
ひき肉の代わりに使うのは、魚肉ソーセージ。

また白菜やキャベツの代わりに、白菜の浅漬けを使います。

旨味たっぷりの「魚肉ソーセージ」とほど良い塩気の「白菜の浅漬け」。
ごく普通の餃子と比べると比較的あっさりした味になると思いきや、意外なほど濃厚でコクのある餃子に仕上がります。


ギャル曽根さんのレシピ
ギョニチリ」は、エビチリの時短レシピです。

エビの代わりに魚肉ソーセージとエリンギを使います。

本物のエビっぽいわけではありませんが、甘みの効いた親しみやすい味付けで、ボリュームがあるので満足感があります。
調理時間は10分。

リンク先も合わせてご覧ください。

関連レシピ