やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

投稿日:2014年3月30日 更新日:

喜久屋のラムボール

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。
元町に店を構える老舗洋菓子店・「喜久屋洋菓子舗」が販売するラムボールです。

横浜本」というガイドブックによると、このラムボールは、「浜っこご用達・使える手土産No.1」なんだそうです。
ちなみに同著に掲載されていた手土産No.2は、「ありあけの横濱ハーバー」。
No.3は、「崎陽軒のシウマイ」です。

「横濱ハーバー」と「崎陽軒のシウマイ」をしのぐお菓子。
興味が湧いてきませんか?

喜久屋のラムボール

喜久屋のラムボール
「喜久屋洋菓子舗 本店」は、元町のショッピングストリート沿いにあります。
一面ガラス張りのお菓子屋さんを探すと、すぐに見つかります。

本店以外にも、ラムボールは横浜駅で買うこともできます。

また、ネット通販はやっていませんが、ラムボールをお取り寄せすることはできます。
喜久屋に電話もしくはファックスで注文して、代引きで支払いという流れになります。


喜久屋のラムボール
ラムボールは2つ入りだと税抜き480円。
花柄の箱がカワイイですね。


喜久屋のラムボール
ラムボールは、一見すると、ちょっと大きめのトリュフチョコレートみたい。
直径はだいたい4センチくらいです。


喜久屋のラムボール
中身は、トリュフチョコレートとは違って、ガナッシュではありません。
小麦粉ベースの生地になっています。
生地は、ラム酒がよく効いています。レーズンやクルミ、アーモンドなども練り込まれていて、風味豊か。
まわりは、ミルクチョコレートでコーティングされています。


喜久屋のラムボール
喜久屋のHPによると、ラムボールは、「ラム酒を効かせた生地を、チョコレートの中で発酵させたお菓子」なんだそうです。
1924年に店が創業された際に、スイスの婦人が持ち込んだレシピをもとに作られたとか。ラムボールには、長い歴史があるんですね。

このラムボールは、ラム酒の風味がけっこう強いですから、大人向けのお菓子です。
上品な味わいがあり、とても美味しいですよ。

これだったら、確かにもらって嬉しいです。
気の利いた手土産になると思います。

おすすめ記事

横浜駅の花屋11軒!常連客が教える徒歩5分以内の花屋さんまとめ。

横浜駅の近くにある花屋さんをご紹介します。 駅から500メートル(徒歩…

超激安の花屋さん「ワールドフラワー」。川崎・横浜・大和・鎌倉にお店があります。

「ワールドフラワー」は、私が日頃よく利用する、おすすめの花屋さん。 現…

横浜のシーバスのヘビーユーザーです。観光船からの眺めを豊富な写真で紹介。

横浜の観光船「シーバス」には通算でもう20回以上乗っています。 わりと…

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。 元町に店を構える…

横浜の超人気ピザ店「シシリヤ」。なかなか予約が取れませんが、最高に美味しいピザがいただけます。

横浜の関内にあるイタリア料理店「シシリヤ」でピザを食べました。 こちら…

横浜中華街で本格インド料理。「シタール」で、ゆったりとランチ。

昨日、横浜中華街に遊びに行きました。 いやぁ、すごく混んでいました。お…

横浜の「山手234番館」。関東大震災後の復興事業の一環として建てられた、外国人向けの共同住宅

横浜・山手地区の洋館が点在するエリアの、ちょうど真ん中あたりに位置する…

横浜・山手の西洋館「エリスマン邸」。山手洋館に関する資料館があります。

横浜・山手にある洋館の1つ「エリスマン邸」は、同地区最大の洋館「ベーリ…

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)…

横浜の山手111番館。「藤の花」と「真っ赤な紅葉」を同時に楽しめる、新緑の季節の洋館をご紹介します。

横浜の山手地区には、7つの洋館があります。 今日は、その中でもとりわけ…

横浜の観光スポット。山手の西洋館「ベーリックホール」が、おすすめです。

今日は、横浜の山手にある「ベーリックホール」という西洋館をご紹介します…