昆布茶に生姜をちょい足しアレンジ。風味がいい!美味しい飲み方。

投稿日:2018年11月4日 更新日:

こんぶ茶の飲み方

こんぶ茶の美味しい飲み方をご紹介します。

元祖ジンジャーラーの森島土紀子さんが考案した「しょうがこんぶ茶」です。

生姜の爽やか風味と昆布茶の優しい旨味がマッチした、さっぱりとしたスープのようなお茶です。
和食や中華といったお料理にもよく合いますよ。

生姜をたっぷり使うので、冷え性対策にもおすすめだそうです。


ちなみに森島さんは「生姜三昧」をはじめとした、生姜のレシピ本の著者でもあります。

(レシピ情報元:日本テレビ「シューイチ」 2018年11月4日放映)

しょうがこんぶ茶のレシピ

こんぶ茶の飲み方

「しょうがこんぶ茶」のレシピです。

材料

1人分:調理時間1分
昆布茶 カップ1杯
おろししょうが ティースプーン1杯

作り方

  1. 市販のこんぶ茶のもとを使って、昆布茶を作り、おろししょうがを混ぜたらできあがり。
    (市販のこんぶ茶の作り方は、次に紹介するレシピを参考にしてください。)

こんぶ茶の飲み方

生姜は、生の生姜をすりおろして使います。

ちなみに森島さんは、このお茶を、毎朝飲んでいるそうです。
毎日飲めば、冷え性対策になって、健康になれるとおっしゃっていました。

手軽に作れていいですよ。

次に、市販のこんぶ茶の作り方を紹介します。
こんぶ茶を作る際の参考にしてください。

基本のこんぶ茶の作り方

市販の粉末で作ったこんぶ茶

一般的なこんぶ茶の作り方です。

こんぶ茶の種類によって、分量は多少変わりますが、例えば、玉露園のこんぶ茶ならこう作ります。

材料

1人分:調理時間1分
こんぶ茶 ティースプーン1杯(約2g)
熱湯 100ml

作り方

  1. こんぶ茶を茶碗に入れて、熱湯90度を100ml程注いでかき混ぜたらできあがり。

このままでも十分美味しいですけど、しょうが好きには先に紹介した「しょうがこんぶ茶」をおすすめします。

関連レシピ